FC2ブログ

新しい炊飯器で炊き込みご飯作って見た

ホタテときのこがあったので、 新しい炊飯器で炊き込みご飯を作って見ました。  炊き込みご飯というモードがあるので、 それを押すだけで、 ちゃんと美味しい炊き込みご飯になりました。  土鍋で炊くより美味しいかも知れません。

CIMG8464.jpg

土鍋愛好家の自分としては、 なにか、 土鍋が勝っているものはないか? 考えました。  一つありました。 それは炊く時間です。  土鍋だと蒸らす時間を入れても20分あれば炊く事ができますが、 炊飯器だと40分は確実にかかります。 炊飯器の仕組みはどんどん進化しているのに、 時間は短縮できないのはなぜなんだろう?  電気とガスの火力の差ではないはず。 
調べたら、 簡単な事でした。 炊飯器には浸す時間、 蒸らす時間があらかじめ組み込まれていたのです。  こうなると土鍋の方が優れているのは、 炊いている時の楽しさだけでしょうかね?
2014-10-20 13:30 : 料理道具 :

天ぷら鍋を新しくしました

我が家で揚げ物は中華鍋を使用していました。  ところがガス台を新しくしてから、どうしても美味しく出来ませんでした。 この時、 メーカーも呼んで調査もしてもらいました。 その時の記事はこちら。 なんと5年も前の出来事でした。

鍋を変えれば解決するかも知れないと思いつつ、約5年過ぎてしまいました。 
たまたま、 買い物の際中に、今時珍しい日本製の良さそうな鍋を見つけたので、 迷いながらもゲットしました。

CIMG8349.jpg

いままでの不具合が完璧にクリアーになりました。 揚げ物が上手に出来ます。 無駄な5年間が過ぎてしまいました。

うちで使っていた中華鍋だと、 温度センサーが邪魔してしまって、 適格な温度にならなかったのですが、 今度は完璧です。 揚げ物が楽しくなりました。 

写真はエビのフリッターです。 今までとは食感がぜんぜん違います。

CIMG8351.jpg
2014-10-08 19:00 : 料理道具 :

新しい炊飯器がやってきましたが

我が家に新しい炊飯器がやってきました。 女房が言うには家電製品には必ず、新商品のサイクルがあるので、新商品がでると必ず、旧商品は価格が下がるそうです。 なんでも炊飯器は今がチャンスだそうで、買ってきました。
CIMG8163.jpg
今流行りの 本かまどとか 真空なんとかという物らしく、美味しく出来るそうです。

でも、私にはあまり興味がありません。 長年仕事でハイテクの分野で働いてきたので、今の電気製品の凄さは解りきってます。 なので、ローテクでハイテクを負かしたくなってくるのです。 本物のかまどはさすがに再現出来ませんが、私には土鍋と火(ガスですが)あります。 土鍋の経験は2年あるので、これで挑戦です。

CIMG4077.jpg

 長年技術者として働いてきたので、その経験を生かして、 あらゆる条件を調整して実験したいのですが、 そうもいきません。 取りあえず出来る範囲の振れるパラメータはこんな所でしょうか?

1. 米の量              1合   2合
2. 米を水に浸している時間   1時間  8時間
3. 水の量              米を浸した量と同量   それに少し足して多くする
4. 火加減              最初強火で後は弱火   ずっと弱火
5. 炊く時間             これはかなり振りました。 
チェック項目              焦げ具合 水分量 もちもち感

と、こんな感じでパラメータを振って大体2日一度のペースでご飯を炊き続けました。 ちなみにこの実験は春先から3か月ほど、 続けていまして、新しい炊飯器を買う前から続けています。

この結果なんですが、 結構ばらつくのです。 同じ条件でも中々同じようにならないのです。 特に焦げ具合はいつもばらつきます。 特に火加減は難しく、今のガス台はセンサーがついていて、 勝手に温度コントロールしてしまうのです。 そのコントロールが室温、湿度で毎日変わってしまうので、同じ条件を出せません。 又、一度に炊く米の量が少ないとバラつき安いというのも実感としてありましたので、次に次のパラメータは固定しました。

1. 米の量      1合
2. 火加減      ずっと最少

一番影響のある火加減ですが、これを人間の感覚のない、一番小さい値で実験を繰り返しました。 水の量は少しづつ多くしたり減らしたり、 時間も多くしたり、減らしたり、します。

それでもバラツキます。  どうも、バラツク原因は温度のようです。 室温や湿度、 によってガスの量を一定にしていても鍋の温度はいつも違うようです。 仕事の時は最高の機材を用いて色々チェックできましたが、家庭ではそうは行きません。  でも何日もやっていると、 結構最適な条件で探せるのです。

それは、 音と匂いなんです。  それはそうですよね、 昔は火の調節とか時間とか調整できなかったので、人間の五感に頼るしかなかった訳です。  音と匂いを嗅ぎ分けた方が、温度や水分量そして時間に敏感になるより、簡単に美味しく炊けます。

で、 最新の炊飯器より土鍋は美味しく炊けるか?  私の答えは?

う~ん、 食べたら、 やっぱり最新の 炊飯器の方が美味しいです。 

私が長年働いてきた、 ハイテクの世界は 素晴らしいに決まってます。 五感どころか100感位あるでしょうから2年の経験位では太刀打ちできそうにありません。 今日も女房が栗ごはんをいとも簡単に作っちゃっていました。

CIMG8233.jpg

う~ん、 まだギブアップしません。
まだ、 土鍋を使い続けます。
2014-09-26 05:00 : 料理道具 :

パンを切る道具

我が家では数年前からホームベーカリでパンを作っているが、いつもパンを切るのに苦労をしていた。 
TVで紹介していた道具を アマゾン にて 購入して見ました。
こんな感じで切ります。

CIMG8147.jpg

結果はこんな感じになります。

CIMG8150.jpg

焼き立ての場合は、ちょっとだけ難しいですが、手で切るよりは数段綺麗に切れます。 厚みも調整できます。 写真は6枚切ですが、8枚切も出来ます。  値段も安いので、買って損はない気がします。  
パン切包丁は付属していません。
2014-09-21 05:00 : 料理道具 :

押パスタマシーン

パスタマシンはこれまで、2台ほど使っているが、掃除がしずらいのが難点でなんか良いものないかなと探していました。 そこで見つけたのが 押パスタマシーン なんと1,980円です。 これなら失敗しても良いかと早速購入。

アタッチメントを変える事によって5種類の麺を作ることが出来るようです。 でもひとつだけ意味の分からないパーツがあります。 

CIMG7768.jpg

よく考えてみると、餃子を包む道具のようです。 間違って梱包されたみたいですね。 (笑)

CIMG7769.jpg

で、実際に使って見ると、意外にも簡単に麺っぽいのが出てきました。

CIMG7772.jpg

でも、ここまでが限界でこれ以上出そうとすると、圧力に負けて手元の抑えが外れてしまいます。

CIMG7773.jpg

がーん、 ま、 1,980円ですから、あまりショックはありませんが、 使えませんね。 もうちょっと麺の水分を足して柔らかくすれば使えるかも知れませんが、今更麺を打ち直す訳には行かないので、今日のところは悲しいかなショートパスタです。

CIMG7775.jpg

ジェノベーゼで味付けしたので、美味しかったですが、なんとなくすっきりはしません。 (・・;)

この様な物を欲しがる人はいないとは思いますが、 もし購入を検討している人がいたら、辞めた方が無難だと思います。 
2013-06-14 11:51 : 料理道具 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

新しいオーブン購入しました

年末年始に帰省中の子供達が我が家のオーブンとレンジを欲しがったので、迷わずにあげてしまいました。 我が家では、シャープのヘルシオというオーブンを使っていたのですが、発売当初のモデルだったので、色々と不具合があって、使いづらい物でした。 まず、レンジ機能がないために、レンジは別に購入し、場所ばかりとってました。 そして、肝心の焼きの機能が弱く、パンやピッザは上手く焼けませんでした。
ネットで色々と調べるとオーブンも色々と進化しているようです。色々と評価を見て判断して、結局パナの300度のオーブンを購入しました。

 CIMG6813.jpg

ちょっと、我が家の食卓が写ってしまいましたが、無視して下さい。
マニュアルが分厚くて読む気になれません。 色んなレシピがありますが、まずは迷わずにピッザを作って見ました。 生地とソースはもちろん手作りで、 マックスの300度で8分焼いて見ました。 余熱に20分位かかりましたが、余熱の途中で温度が出てくるのは安心します。
 
CIMG6817.jpg

で、焼き上がりはこんな感じでいい感じです。
CIMG6827.jpg

焼き終わるとこんなメッセージが出てました。 2枚焼いて4.4円だそうです。 

CIMG6823.jpg

今までのオーブンとは全く違う焼き上がりで満足です。 ま、実際はピッザは500度位で焼くらしいので、300度でも足りないのでしょうが、これから活躍しそうです。

でも、これだけ、技術が進んだ今、昔ながらの釜の温度が出せないのですね。 
2013-01-04 19:48 : 料理道具 : コメント : 14 : トラックバック : 0 :

燻製器

いつもお世話になっている相子さんから、家の中で出来る燻製器を頂きました。

私の燻製の歴史は結構長く1980年頃からやっていると思います。 その頃は日本では、燻製をやる器具はおろか、チップも手に入れる事が難しかったので、最初は一斗缶と割り箸を削ったものから始めました。 その後、アメリカへ出張する機会が増えて珍しいチップなどをお土産に買ってくるようになりました。 かなり大きな道具を持っていましたが、最近は住宅地で火をだし、煙を出すのは気が引けるようになり、全ての機材を友人に上げてしまい、自宅で中華鍋で時々スモークしていましたが、鍋や蓋に匂いがついてしまうので、専用の器具を検討していた所なので、凄く嬉しいプレゼントでした。 相子さん、 本当にありがとうございました。

燻製のレシピを見ると、凄く手間がかかって大変そうです。 素材を洗って、漬け汁に一週間以上、その後塩抜きして、乾燥後、 スモーク数時間なんてのが、ざらで、すぐには食べれないです。 でもそんな難しい事考えずに手軽に考えれば、簡単に美味しいおつまみが出来ます。

最初にやったのが、鮭の白子の燻製です。 今の時期、鮭の白子が凄く安くでてます。
白子を塩でアク抜きした後、お湯で霜降りして、臭みを取ったあと、10分程、弱火でスモークしてみました。 煙はこんな感じで少し漏れます。
CIMG6281.jpg
10分燻した後のチップはこんな感じで、少し燃えて無いところもありましたので、ちょっと入れすぎでした。
CIMG6286.jpg
白子はこんな感じでスモークされました。 火は少し入りすぎたようなので、次回はチップを今回の半分以下で、時間は7-8分でいいかもです。
CIMG6284.jpg

酒は日本酒だろうと、ワインだろうと、 ウイスキーだろうと、なんでも進みます。 

CIMG6303.jpg

ゆで玉子とスパムもスモークしてみました。 今度はチップを少なめで、軽く3分ほどスモークしてみました。

CIMG6354.jpg

酒が進み過ぎます。 はい。 
2012-10-23 13:54 : 料理道具 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

包丁を研ぐ

料理を初めてから、包丁が増えてしまいました。

元々、修理が得意だったので、錆びて使い物にならなくなった物を人から
貰って直して使ってます。 こんなにたまってしまいました。

CIMG6100.jpg

鋼の物あり、ステンレスもあり、色々です。 
錆だらけの物も、ありましたが、たいていの物は治ります。

魚が大量に入った時は気合いを入れて、包丁を研ぎます。
魚が入らなくても最低2か月に一度は気合いを入れて研ぎます。
砥石は3種類使ってます。 だんだん上手になってきました。
なんとなく、精神修行になります。

包丁が切れると凄く気持ちいいです。
2012-09-23 22:09 : 料理道具 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

冷えとり生姜

皆、バレンタインではチョコレート沢山もらったのかな?

甘い物が苦手は私はチョコレートが食べれません。
そこで、娘がこんな物くれました。 
生姜を擦るスプーンなんです。
前から欲しかった物でずっと探していたのですが、見つからなかったのです。

CIMG4911.jpg CIMG4931.jpg

私は一年位前から生姜紅茶を好んで飲んでいるのですが、
生姜を擦るのって、皮をむいたり、 スジがでたり、 オロシ器を洗うのが面倒です。
このオロシ器は生姜をオロシタら、お湯をカップに注ぐ時に一緒にカップの中で洗い流すこと
が出来て、そのままかき混ぜます。
使う生姜は綺麗に洗って、冷凍にしたものを使うのです。 皮はむかずにそのまま擦ります。
スジも残らず、綺麗に擦れます。 
これは便利です。

ただ、生姜がダイエットに効くかどうかは疑問です。
私は一年位前から飲んでいて、夏の間も飲んでましたが、体重は増えました。(笑
でも、体には良いような気がします。

生姜を使ったレシピ本もついているので、今後少し作ってみたいと思います。

今日はブログ友達のひょいさんが、素晴らしい情報を紹介していたので、
私も紹介したくなりました。 
オランダでのチャリティコンサートの模様です。
日本は世界中の人から愛されていて、幸せな国なんですね。
その反面、自分達の利益しか考えていない、マスコミや政治家たちの
事考えると、ちょっと寂しくなりますね。



2012-02-15 08:49 : 料理道具 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

玄米を土鍋で炊いてみました

今年の新米はなぜか、玄米で買ってます。
土鍋で、玄米を炊いてみようかと、調べてみたら、びっくりです。
色々とレシピがあって、悩みます。

一応、自分なりに、こんな感じで、

1. 水洗いは強くもなく、弱くもなく。 ???
2. 水(塩水)にたっぷりと浸しておく。 6時間
3. 中火で沸騰させてから1分。
4. 弱火で20分。
5. とろ火で30分。
6. そのまま、蒸らしを15分。

CIMG4507.jpg
CIMG4510.jpg

ちゃんと、オコゲもできて、まあまあの出来です。

全体像はこんな感じです。
余り物の ローストビーフと、 タラと鮭の粕漬け、 ポテトサラダ、に、、、
ホットウイスキーです。 

CIMG4511.jpg

なんで、ご飯にウイスキー? 

実は、これ作るのに、もうすでにヨッパッピーです。 (笑
だって、 玄米炊くのにこんなに時間がかかると思わなかった。 はは。

ので、これは、〆のご飯です。  

2011-12-14 19:55 : 料理道具 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(63歳)。
52歳で早期退職して約11年が過ぎました。のんびりと生活していましたが、今は 年老いた両親の介護と孫の世話に終われる日常となりました。

株価&為替ボード

月別アーカイブ

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: