通貨の数え方についての疑問

なぜ、 日本の通貨というか、数の読み方は 4ケタで繰り上がるのに、 区切りマークは3ケタの所にあるのだろうか? 

 一万円       10,000円
 百万円    1,000,000円
 一億円  100,000,000円

たった、これだけでもタイプしていて、 正しいかどうか0の数を数えてしまう。
3ケタでマークを付けるのは多分世界的に共通なんだろうと想像するが、 どうも表現を混ぜ合わせているようで、見やすいように思えない。

例えば、 $の表現はこのように、 3ケタで繰り返すのに、 日本語の表現はこれまた、ご丁寧に4ケタで表現し、解りづらくしている。
$ 1            $1           一ドル
$1,000             $1K     千ドル
$10,000           $10K    一万ドル
$1,000,000      $1M    百万ドル
$1,000,000,000      $1B   10億ドル


なにも、英語表現が優れているとは言っていないが、 3ケタでの区切りマークは英語の為であって、 これをわざわざ日本語の4ケタの表現に当てはめるのは、 理にかなっていないと感じる。

なぜ、ドルの表現に万とか億とかで表現するのは良く解らない。 例えがオカシイかもしれないが、42kmのマラソンを4万2千キロと表現したらピンとこないのと一緒で、 キロ単位(3ケタ)で統一されている表記を 4ケタで表現していて解りづらいったらありゃしない。 

百万ドルとか1億ドルとか、 すぐ解る日本の人っているのだろうか? 

そう言えば、 昔から 百万ドルの夜景ってよく聞いたけど、 いくらなんだろう?
最初から、1ミリオンダラー って言ってたら、誰でも0が6個だなと解って 苦労しなかったと思うのですが。

疑問に思うのは自分だけなんだろうか?


関連記事
スポンサーサイト
2014-10-01 05:00 : 一般 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(60歳)。
もう、8年以上無職で、最初はちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、やっと定年の年齢に達してちょっと安心しているところです。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: