FC2ブログ

新しい炊飯器がやってきましたが

我が家に新しい炊飯器がやってきました。 女房が言うには家電製品には必ず、新商品のサイクルがあるので、新商品がでると必ず、旧商品は価格が下がるそうです。 なんでも炊飯器は今がチャンスだそうで、買ってきました。
CIMG8163.jpg
今流行りの 本かまどとか 真空なんとかという物らしく、美味しく出来るそうです。

でも、私にはあまり興味がありません。 長年仕事でハイテクの分野で働いてきたので、今の電気製品の凄さは解りきってます。 なので、ローテクでハイテクを負かしたくなってくるのです。 本物のかまどはさすがに再現出来ませんが、私には土鍋と火(ガスですが)あります。 土鍋の経験は2年あるので、これで挑戦です。

CIMG4077.jpg

 長年技術者として働いてきたので、その経験を生かして、 あらゆる条件を調整して実験したいのですが、 そうもいきません。 取りあえず出来る範囲の振れるパラメータはこんな所でしょうか?

1. 米の量              1合   2合
2. 米を水に浸している時間   1時間  8時間
3. 水の量              米を浸した量と同量   それに少し足して多くする
4. 火加減              最初強火で後は弱火   ずっと弱火
5. 炊く時間             これはかなり振りました。 
チェック項目              焦げ具合 水分量 もちもち感

と、こんな感じでパラメータを振って大体2日一度のペースでご飯を炊き続けました。 ちなみにこの実験は春先から3か月ほど、 続けていまして、新しい炊飯器を買う前から続けています。

この結果なんですが、 結構ばらつくのです。 同じ条件でも中々同じようにならないのです。 特に焦げ具合はいつもばらつきます。 特に火加減は難しく、今のガス台はセンサーがついていて、 勝手に温度コントロールしてしまうのです。 そのコントロールが室温、湿度で毎日変わってしまうので、同じ条件を出せません。 又、一度に炊く米の量が少ないとバラつき安いというのも実感としてありましたので、次に次のパラメータは固定しました。

1. 米の量      1合
2. 火加減      ずっと最少

一番影響のある火加減ですが、これを人間の感覚のない、一番小さい値で実験を繰り返しました。 水の量は少しづつ多くしたり減らしたり、 時間も多くしたり、減らしたり、します。

それでもバラツキます。  どうも、バラツク原因は温度のようです。 室温や湿度、 によってガスの量を一定にしていても鍋の温度はいつも違うようです。 仕事の時は最高の機材を用いて色々チェックできましたが、家庭ではそうは行きません。  でも何日もやっていると、 結構最適な条件で探せるのです。

それは、 音と匂いなんです。  それはそうですよね、 昔は火の調節とか時間とか調整できなかったので、人間の五感に頼るしかなかった訳です。  音と匂いを嗅ぎ分けた方が、温度や水分量そして時間に敏感になるより、簡単に美味しく炊けます。

で、 最新の炊飯器より土鍋は美味しく炊けるか?  私の答えは?

う~ん、 食べたら、 やっぱり最新の 炊飯器の方が美味しいです。 

私が長年働いてきた、 ハイテクの世界は 素晴らしいに決まってます。 五感どころか100感位あるでしょうから2年の経験位では太刀打ちできそうにありません。 今日も女房が栗ごはんをいとも簡単に作っちゃっていました。

CIMG8233.jpg

う~ん、 まだギブアップしません。
まだ、 土鍋を使い続けます。
関連記事
スポンサーサイト



2014-09-26 05:00 : 料理道具 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(62歳)。
52歳で早期退職して約10年が過ぎました。のんびりと生活していましたが、今は 年老いた両親の介護と孫の世話に終われる日常となりました。

株価&為替ボード

月別アーカイブ

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: