FC2ブログ

骨伝導イヤホンを購入

最近イヤホンの使いすぎで耳の不調を訴えている人が多いそうです。在宅勤務が増えてミーティングなどではイヤホンを使うので、その影響らしいです。私の場合は無職なので、ミーティングはありませんが、英語の勉強や動画を見るのにイヤホンを使うので、やはり、耳に違和感が生じていました。私の症状は耳が痛くなったり、痒くなったりです。
これらの症状には骨伝導のイヤホンが良いとの事で、早速ネットで調べましたが、安い物で、2千円位、高いのは2万円以上で、説明を読んだり、コメントを読んでもイマイチ、良く解りません。そこで、量販店に見に行きました。そこには骨伝導のイヤホンはearsopen社の物だけがありました。日本製なので、値段は高くて、2万円弱でした。高くても日本製なら安心かと思い早速試聴して見たのですが、あまりの音の悪さにびっくり。諦めて、又、ネットで色々と調べて見ると、どうやら、Aftershokz製の物が良いとの評判だったので、これを購入して見ました。15、500円でした。



Aftershokz製と言っても色々と種類があり、迷いましたが、一番、コメントの多い物を選びました。噂どおり音色は普通の物とそんなに遜色ありません。装着感も良いです。ちょっと気になるのは、音楽などを聴いていると、装着の仕方によっては振動が少し気になる時があります。これはなれれば問題ないかと思います。
後、ワイヤレスに有りがちな音の途切れはありますが、これは仕方のないことでしょう。
接続に関しても問題はありませんでしたが、2台以上の端末で使うときにちょっと、戸惑います。

肝心の耳への負担はかなり、軽減されていると思います。装着感も軽いし、なにより、耳が痛くなったり、痒くなったりはしません。後、耳が開いているので、外の音が聞こえやすいとの事ですが、実際音がなっていると、外の音は聞こえづらいです。と言っても、耳の中に入っている普通のイヤホンよりは良いはずです。
関連記事
スポンサーサイト



2020-10-08 17:40 : 健康 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(63歳)。
52歳で早期退職して約11年が過ぎました。のんびりと生活していましたが、今は 年老いた両親の介護と孫の世話に終われる日常となりました。

株価&為替ボード

月別アーカイブ

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: