FC2ブログ

健康って

昨日は母のパーキンソン病の治療(脳に入っている刺激装置の調整)の為、半日以上病院で待機。 調整が終わり、家に連れて帰ると父の肝臓がんの手術を年内にした方が良いとの病院から連絡が入っていて、再び病院へ相談に。 一日中病院にいました。
今日は久しぶりのフリーだったので、打ちっぱなしへ行くと、隣の打席になんか見たことあるような人がいました。 でもなんか違うかな? と思い目を合わさないようにしていたのですが、向こうから話をしてくれて、昔の部下だということが解りました。
あまりに痩せていたので、聞くと、なんと食道がんで全摘出したのに、再発してしまったので、明日から再入院だそうで、打ち納めに来たそうです。歳は51才になったばかりで、余命は1年と医者から宣告されたそうです。
10才くらい年下で部下でしたが、お酒を飲んだり、ゴルフに行ったりの友達でもあったので、凄くショックです。

人間ドッグで病気は見つかったそうですが、症状は全くなかったそうです。

検診とか病気の治療には前から疑問を持っていて、もし治療をしていなかったらどうなんだろう? といつも感じます。
そしてそういう記事を興味があって読んでます。人間の寿命とかはあまり変わらないという説も沢山あります。 検診だって余計な物を発見してしまって無駄な治療をしているという説まであります。 これは多分、自分が大病をしていないので、病気の人の気持ちが分からないだけだと思いますが。

私と女房は痛いとか辛い時の治療はしますが、それ以外の治療はしないとお互いに確認しあってます。 なので人間ドッグはおろか健康診断も10年受けていません。
でも親には自分の考えは押し付けられなくて、父の手術は認めてしまいまい ちょっと後悔しています。
関連記事
スポンサーサイト
2018-11-06 19:20 : 健康 : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
私も同じ考えです。
病気を作りに医者通いをするようにはなりたくないです。
どこか化か悪いところが見つかるかもしれませんが自然に治ることもあります。
また寿命は決まっているようにも思えます。
2018-11-08 06:13 : ReikoJanvier URL : 編集
ReikoJanvierさんへ
同調してくれてありがとうございます。
なんの症状もなく、元気でいたのに、病気だと告げられて治療をしてどんどん体力がなくなっていく人をみていると本当にその治療は正しいのかと疑問を持つ事が多いです。
2018-11-08 09:14 : ゴルッテリア URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(61歳)。
52歳で早期退職して以来のんびりした生活をしてます。趣味は多いけど、どれも物になっていません。最近は孫と遊ぶ事が生きがいになってます。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: