車の保険でトラブル

車の保険でトラブって解決に長引いています。 同じようなトラブルを抱えている方もいるかも知れないし、自分への記録として記事にしておきます。

2017 2月頃

 妻の車(フィット)の保険が3月25日で切れるとの連絡があり、継続手続きを行う。

2017 3月
 
 妻の車(フィット)が故障で修理にお金がかかることから廃車処理を行う

2017 3/9
 
 保険会社に保険の解約手続きを行う。
 通常、途中解約すると、残りの月の保険料が返ってくるが、この場合、残り日数が少ない為、お金は戻らないから、
 満期まで待って中断手続きをした方が良いと薦められた。
 中断手続きを行うと後日改めて車を購入した場合、保険の継続が出来るとの事。
 
 その後、なんの連絡もなかったが、通帳から落とされていなかったので
 保険は解約出来たと思いこんでいた。

2018 1/15

 フィットの保険の継続の案内が来た。 
 改めて通帳を確認すると、自分で確認した後に引き落とされていた。
 カスタマーセンターに確認すると、解約されずに保険は契約されていた。
 ただし、これまで行った手続きは事細かに記録されていて、保険会社からの完全なミスなので
 早急に手続きを行うとの事。
 その後、1月中に口座に振り込むとの連絡

2018 2/14

 解約手続きの書類が送られてきたが、振込みの案内はない。

2018 3/12

 振込みがまだ、行われないのでカスタマーセンターに連絡するとこれまでの記録は
 全て残されているので、本日中に状況を連絡するとのこと、その時に解約ではなく、
 中断手続きという事も確認された。

 2時間後に保険会社から電話が来て振込みは今週末か来週の始めになるという。
 なぜ、この様なトラブルが発生するのかと尋ねると、保険解約を行う人と振り込むを
 処理する人が別なので連絡ミスだと。。
 では、中断処理の手続きはどうするのか? と尋ねると、
 完全に忘れていたようで、今から書類を送りますとの事。
 おいおい、たった2時間前の約束なのに、もう忘れたのかい??

どうして、こんな連絡ミスが起こるのか?

 問い合わせはまず、東京海上のカスタマーセンターに行います。 状況をすべて把握した後、処理は郵便局のカスタマーセンターに回されます。 内容はすべて伝わっているので、再び説明の必要はありませんが、内容を確認して、もよりの郵便局から連絡させますと言われます。今回わかったのは郵便局も代表の郵便局があって、そこからもよりの郵便局にいくようです。 どれだけ経由するんだい?
でも、全て電話での手続きだけど、全て記録が残っているのには安心したなあ。 多分、音声なんかも残っているのだろうね。 ちょっと怒りたかったけど、録音されててはマズイと思って丁寧に対応しちゃいました。 

保険金はたったの4万円ですが、取り返すのに1年かかりそうです。
スポンサーサイト
2018-03-12 13:55 : :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(61歳)。
52歳で早期退職して以来のんびりした生活をしてます。趣味は多いけど、どれも物になっていません。最近は孫と遊ぶ事が生きがいになってます。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: