iRig2 for アンドロイド

iRig2をなんとかなんとか我が家のアンドロイドタブレットで鳴らしたいと悪戦苦闘の日々が続いています。インストールした時には全く音の出なかったDeplikeというソフトがいつの間にか音が出るようになっていた。気になるレイテンシーも我慢できる程度なので、使えるかなあとちょっと期待。で、実際に弾いて見ようと音楽を再生しようとすると全く音が出なくなる。なんか設定でもあるかと調べるも解らない。そうこうしている間に再び全く音が出なくなってしまった。端末をリセットすると音は出るようになったが、今度はもの凄いレイテンシーが発生。
Deplikeの雰囲気はこんな感じで、エフェクターやアンプを設定出来て、動作さえすれば私が望む以上の物である。

Deplikeの口コミを見てみると私と同じ悩みを持っている人が多く、ちゃんとメーカーの人が返事をしているのもあるので参考にしようとチェックしてみた。

この人は私と全く同じで、iRig2を購入したがamplitubeが使えないのでこのアプリを使った。OTGなしで動作したが、少しレイテンシーの問題がある。

この人の音の遅延(レイテンシー)が酷いというコメントに対し、メーカーの人らしい人がオーディオインターフェースで問題が解決すると返答している。

この他のコメントや返答の中にもオーディオインターフェースやOTGという単語が頻繁になってくる。
OTGと言うのはOn The Goの略らしくUSBに変換する物のようです。iRig2にはUSBに接続する機能がないので、これは島村楽器の人が言っていた、ピンプラグをUSBに変換するケーブルの事だとは思うのだが、どこを探しても見つからない。ネットで探しても見つからない物が存在するのだろうか?もう一度、島村楽器にでも相談するか?

amplitubeがサポートしていてくれたら全く問題ないのだろうけど、アンドロイドって色んなメーカーから出ているので、全ての機種に適応させるのが難しいようです。特にハードウェアの性能に左右されるようなアプリは難しいのでしょう。

ちなみにiPad2では全く音の遅延もなく素晴らしい音色を奏でています。

そんな訳でiRig2をアンドロイドで使う事は諦めました。やっぱり、世間で言われているように音楽関係の性能はアップルに分があるんですね。それでもなんとなく、iPadは使いたくないので、アンドロイドを使い、従来のローテクな方法でギター練習を再開しています。
関連記事
スポンサーサイト
2018-03-11 08:29 : ギター :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(61歳)。
52歳で早期退職して以来のんびりした生活をしてます。趣味は多いけど、どれも物になっていません。最近は孫と遊ぶ事が生きがいになってます。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: