昔の携帯電話

家にあった昔の携帯電話をオモチャとして孫に与えてみた。折りたたみ式で、アンテナのあるやつである。もちろん今は動作はせず、ただのオモチャですが、孫は大喜びで、開けたり閉じたり、アンテナを出したり、キーを押したり大喜びです。写真ではタイミングが悪く電話をしているところは撮れませんでしたが、孫はちゃんと耳に当てて 「もしもし」とやるんですよ。不思議ですよね。



孫の家は家電話もなく、パパもママもスマホのみ、だからこの携帯電話が電話として機能していることは日常生活では見ていないはず。それなのにちゃんと電話として認識するのは、テレビなどから情報を得ているのでしょうかね?それとも本能的に電話と解ってしまうのか?

それにしてもこの子が携帯電話(スマホ)を持つのは何歳位なんですかね。この子のママ(私の娘)は小学校の高学年頃から塾に行くからと言って持ってましたけど、その子だからもっと早い時期にせがまれそうですね。
関連記事
スポンサーサイト
2018-03-04 19:58 : :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(61歳)。
52歳で早期退職して以来のんびりした生活をしてます。趣味は多いけど、どれも物になっていません。最近は孫と遊ぶ事が生きがいになってます。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: