プリウスの運転支援装置LDAを試して見た

プリウスが納車されてから4日が過ぎました。 購入した車種にはToyota Safty Sense Pと呼ばれる運転支援装置が付いていて以下の機能があるらしいのです。

PCS
LDA
オートマチックハイビーム
レーダークルーズコントロール
S-IPA

と何がなんだか意味が解らない言葉ばかり? 毎日、取説とにらめっこしていてもラチがあかないので、取り合えず一つづつ実際に試して見ようと考え、今日はLDAという機能を試して見ました。

LDAとはLane Departure Alertの略で、日本語ではステアリング制御付き車線逸脱警報だそうです。 これに含まれる機能は

車線逸脱警報機能
ステアリング制御機能
ふらつき警報機能

の3つだそうで、設定画面で有効にしておいて、LDAからLDAスイッチを押すことによって有効になるそうです。 まず設定画面はこんなの。

この設定画面ではLDAでなくレーンディパーチャーアラートとなぜかカタカナ表記になっている。設定後、LDA スイッチを押すと画面にこのように表示されLDAが有効である事が解る。


この状態で、実際に走行してみたけど、中々どうなっているのか解らないので、再び、設定を確認してり、取説を読みなおしたり、して再び走行。 どうやら時速50Km以上でないとこの機能は作動しないようです。 時々、わざとふらついて見たり、手放してみたり、白線に近づいて見ても全く反応しません。 そこで、安全を確認して、わざと白線を越えて見た。 そうしたら、アラームが無事になりました。どうやら白線を踏んだらアラームがなるようです。
でも、ステアリング制御やふらつき警報は全く作動していないようです。 再度、取説をガン見するも良く解らず。

こんな物なのかな? それともまだ、設定が違っているのか?

ま、でも、車線逸脱だけでも確認できたし、この機能は常時オンでも普段の運転では全く邪魔にならないので、良いかもしれません。

とこのように、設定をしたり、走行したりしているので、燃費が少し悪くなっていると思いますが、それでも結構、走っているようなので、さすがにハイブリッドカーです。 



写真は今朝、9.4Km先の打ちっぱなしから帰って来て撮影したのですが、なんと30km/Lを越えてました。走る状況によって燃費は変わりますが、日常の使い方でも平均は25km/Lは楽に越えそうな感じです。

P.S ステアリング制御が上手く働かない件、ググって見たところ、ありました。  レーダークルーズコントロール時のハンドルアシストについて に何人かの人が投稿していました。 やはり私と一緒でステアリング制御はあまり働かないという人が多いようです。 



関連記事
スポンサーサイト
2016-07-24 15:38 : プリウス :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(60歳)。
もう、8年以上無職で、最初はちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、やっと定年の年齢に達してちょっと安心しているところです。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: