レイテンシーが再び発生

ギターを始めたきっかけはPCで色んな事が出来るので、お金がかからないと思ったから。 でも色々と不具合があって色んな機材、ソフトを購入する羽目におちいり結局お金使っちゃった。 2012年頃に困っていた頃の記事はこちら。 この記事の後も色々と問題は発生して最終的に購入したオーディオインターフェースはこれ。

オーディオインターフェース

しばらくはこれで落ち着いていたのだが最近レイテンシーがひどくなって使い物にならなくなった。 レイテンシーは楽器から入力する音をPCでエフェクト処理をする為に必ず起きる現象なのだが、きちんと設定されていれば人間の耳では気がつかないほどのレベルである。 ところが、今は0.5秒ほど遅れてくるので、リアルタイムな演奏は不可能になってしまった。 ギターの音は外部のエフェクターを使えば問題ないが、問題なのは、MIDIキーボードからの入力である。  私は楽譜を入力する事が出来ないのでリアルタイムにキーボードでPCのシンセを使って音を聞きながら入力するのだが、 レイテンシー(遅れ)がひどくて全く使い物にならない。

ネットで調べて色々な解決法をトライしているが、一向に直る気配がない。 多分ハードウェアのトラブルというよりはPC上の処理の問題だとは思うが、これと言った有効な策が見つからない。

PCってちゃんと動いている時は本当に便利な物だが、一旦ぐずりだすと手に負えない。
ちょっと諦め気味。 
関連記事
スポンサーサイト
2015-06-18 14:57 : ギター :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(60歳)。
もう、8年以上無職で、最初はちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、やっと定年の年齢に達してちょっと安心しているところです。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: