Fender TRAD tube 10R

またも病気が発生してしまいました。 どうもリサイクルショップに行くとガラクタが欲しくなっちゃうんです。 昨日見つけてしまったのは古い20年以上も前のFenderのギターアンプでパワー部に6V6GT管という真空管を使っている物なのです。 しかもTweedタイプ。 昨日は一旦我慢したのですが、一晩寝て考えて、やっぱりどうしても欲しくなって今日連れて帰って来てしまいました。

P1000522.jpg

写真でも汚いですが、実物はもっと汚いです。 ネットはボロボロ、ジャックや金属部分は錆だらけ、中も埃だらけです。 電源は入りますが、 ノイズがひどく、 しかも接触が悪く 音も安定しません。 

P1000523.jpg P1000524.jpg

ボロボロのくたびれたこのお婆ちゃんアンプを分解バラバラにして明日から修理に取り掛かります。 色々とくたびれた部品は交換した方が良いのでしょうが、そこは貧乏人なので、極力お金をかけずに時間と手間をかけて修理します。 

P.S  真空管を調べたら ソビエト製でした。 

P1000526.jpg

中国製じゃなかったのが、少し嬉しかったりして。
関連記事
スポンサーサイト
2015-03-13 05:00 : ギター :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(60歳)。
もう、8年以上無職で、最初はちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、やっと定年の年齢に達してちょっと安心しているところです。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: