演歌はいつから始まった?

演歌って昔からある日本伝統の文化だと思っていましたが意外にも新しい音楽だったのですね。 一番最初に演歌と言う言葉を使ったのは藤圭子さんの新宿の女だそうです。

1969年発売で流行り始めたのが1970年からだそうです。 結構新しいので驚きました。 それまでは流行歌というジャンルだったそうです。 この演歌の出現で日本の音楽は進歩しなくなったと言われてますが私はそうとも思いません。 スケール的には4と7を抜いたペンタトニックです。 ペンタトニックとは五つの音を使うと言うことで使う音が違うだけで世界中の民謡で使われています。 今のポップスの基礎は黒人のブルースをルーツにしていますから元はペンタトニックです。 そういう意味では演歌も発展すれば言いと思うのですが今はまだ昔ながらの演歌が好まれているのだと思います。 近い将来は画期的に進化して世界に飛び出すかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
2015-03-09 05:00 : ギター :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(61歳)。
52歳で早期退職して以来のんびりした生活をしてます。趣味は多いけど、どれも物になっていません。最近は孫と遊ぶ事が生きがいになってます。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: