究極の修理

私は電気製品は自分で修理をするのだが、故障箇所がどうしても特定出来なくて捨てるしか方法が無いときに最後の手段として水洗いをしてこれまで数々の電気製品を復活させている。 最近も古いXPのパソコンを修理しました。



このパソコンはXPなので最近は余り使わないのですが音楽プレイヤーとしてオーディオインターフェースを接続すれば立派にギターの練習には使えるので立ち上げようとしたら立ち上がらないのです。現象はなんとも不思議な現象で言葉では表現出来ない感じです。しかもキーボードも効かないというか誰かがメチャクチャに打っているような感じです。 何度か分解清掃を試みるが治りません。 リカバリーも実行出来ないので最終手段の水洗いを実施しました。 2週間位乾燥させてから一度通電すると前とは違う症状ですが正常に動作しません。 数日後捨てようと再度通電すると完璧に立ち上がるようになりました。
電気製品を水洗いなんて常識では考えられないですがこの方法はリサイクルショップなどでは行われているようです。 もちろん部品が故障している場合は通用しません。 電気製品の故障の原因はほとんどが埃だと言われてます。 今までこの方法で治せた物はTV、ビデオレコーダー、など多数あります。 メカニカルな部分は余り水に浸さない方が良いと思いますが、電子部品の乗った基盤などは思い切り水で洗浄しちゃいます。

XPを立ち上げて見て感じたのですがこの頃のソフトは軽くて良いです。

P.S  非常に簡単な修理法ですが、 やはり電子機器なので、ある程度、電気の知識、経験は必要だと思います。 もしやられる方がいましたら、自己責任でお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
2015-02-23 05:00 : 修理 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(60歳)。
もう、8年以上無職で、最初はちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、やっと定年の年齢に達してちょっと安心しているところです。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: