レスポールの弦を替える

基本的にギターの弦は切れるまで交換はしないのですが、一番大事にしているギター考えて見たら丸4年交換していない事に気がつきました。 普段ケースに入れているので、錆びたり劣化はしていないので、まだまだ使えそうですが、たまには交換してあげようと言う気にやっとなりました。
なぜ、交換する気になったかと言うと、このギターのペグはロック式の物に変えてあるのです。 ロック式と言えばJ45のペグをロック式に変えた時、ちょっと扱い方に戸惑ったので慣れて置かないとと思ったからです。

レスポールのペグはGROVERのロック式に変えてあります。 (オリジナルも同じGROVERで今は予備として保管してます。)
P1000491.jpg
これはJ45に使ったGotoh製の物と構造が異なりネジを手で回す物でした。 思ったより簡単であっけにとられてしまいました。 これなら普通のペグよりも数倍楽ですね。

せっかく弦を外したので、普段掃除出来ないところを綺麗にしました。

P1000494.jpg

替える弦はこれ 009-042 という一番柔らかいやつ。

P1000493.jpg

簡単に張り上がりました。 写真では解りずらいですが、チューニングをしても弦が一回りもしません。 これがチューニングが狂いづらい理由だと思います。
P1000496.jpg

で、試し弾きをしてみたところ、 あれ? 音がビビる。。。 どうやら掃除をした時にブリッジの高さ調整のネジを回してしまったようです。 仕方なく再度、弦を緩めて、弦高の調整。 何度かやって、ま、この辺で良いかと、次はオクターブ調整です。 これも弦交換前はあっていたのに、少し狂っている? 弦の種類を変えたからだろうか? ちょっとチューナーの反応が悪くて時間がかかってしまったけど、無事終了です。
新しい弦は確かに良い音ですね。 でも古い弦の音も好きなので、 次回交換は数年後でしょう。
関連記事
スポンサーサイト
2015-02-02 14:12 : ギター :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(60歳)。
もう、8年以上無職で、最初はちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、やっと定年の年齢に達してちょっと安心しているところです。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: