激しい雨の向こうに ボカロ

12小節ブルースの第3弾です。 

J45を購入して以来ブルースを再勉強しているのですが、 いざやって見ると解らない事ばかり出てきます。  いつもはバッキングをならして置いて、 マイナーペンタで 適当に弾いているのですが、 考えれば考えるほど、 よく解らなくなります。

一番解らなくなるのは、 やっぱり、3rdの使い方です。  メジャーの曲なのに、 ブルースは m3rd や 3rd そしてその中間の音まで使います。  そして、 ♭5th はブルースの要とかも言いますし、 6th、 13thもでますし、 9thだって現れますから、 どこがペンタなのか?

なので、 自分のギターテクを考えながら、 これらの要素を実験しながら、 やってます。

バッキングには 6thのパターンを入れようと思ったのですが、 手が開かないので、 13thで代用し多用してます。 ベースはアコで弾いてますが、 3rdを使ったパターン、 イントロ メロディは ♭5thの音を多用してます。  アウトロはマイナーペンタを基本にコードのトーンも利用してます。



失敗作ですね。  でも練習の過程ですので、 残しておきます。 一番悪いのはリズムでしょうが、 これはおいおい練習するとして、 一番悩んだのは、  Ⅳ Ⅴ のコードの時の音の使い方です。 そのまま、 コードの3rdを使うと、 なんかおかしくなるので、 使えませんでした。  次の課題となります。

今度は本物のブルースをコピーして、 考えながら、 これらの疑問を解明したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2014-12-11 05:00 : ボカロ オリジナル :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(60歳)。
もう、8年以上無職で、最初はちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、やっと定年の年齢に達してちょっと安心しているところです。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: