サルティンボッカ

イタリア語では Saltimbocca と言うらしいがこれを英語に直訳すると  jumps in the mouth で 口の中に飛び込むというらしい。 最初は口の中に飛び込んでくるほど美味しいのかと思ったが、実はその調理方法が簡単という意味もあるらしい。

その例えとして、 べスパのように簡単な操縦方法で、フェラーリのようなファンシーなサウンドを奏でるような豪華な料理というたとえが、妙に興味を沸かせた。
女房に言ったらべスパと言う物が解らなかったので、スーパーカブのような物と言ったら解ってくれたのはちょっと面白かった。

で、どのくらい、簡単で美味しいのかと作って見ました。
セージは庭に咲いた物を使って見ました。

CIMG4170.jpg
以下は自分の覚書です。
Saltimbocca (Italian: jumps in the mouth)

 骨なし、皮なし、チキンのカツレツ 4オンスを4つ
 塩、黒コショウ
 8つの薄いプロシュキュート
 8つのセージの葉、又は もっと装飾
 0.75カップの小麦粉
 小さじ2杯のバターを分けておく
 オリーブオイルを小さじ1.5はい
 ドライ、白ワインを0.5カップ
 鶏がらスープを0.5カップ
 レモンをクサビ状にカット

 それぞれのカツレツに塩コショウを振り掛ける。 トップにプロスキュートのスライスと
 セージの葉を巻く。 2枚のラップかクッキングペーパではさむ。
 木槌やローリングピンで1/4インチの厚さにする
 プロスキュートもセージの葉を木槌でカツレツに叩き込む
 
 小麦粉をまぶし、両サイドにコーティングする。 バターとオリーブオイルをパンで
 暖める。 バターが溶け始めたらプロスキュートを下にして両サイドを約3-4分焼く。
 茶色に色つき始めたらプラッターに移し,ふたをして冷めないようにする。

 ワインをホットパンにたし、かき混ぜる。 下の方がすこし色つくまで、
 ワインが半分位になったら、鶏がらスープをいれ、さらに煮詰める。
 火からはなし、のこりのバターを入れかき混ぜる。塩コショウおで味付ける。
 とっておいたチキンをいれて、すぐにレモンウェッジを入れる。

 再び入れて

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



関連記事
スポンサーサイト

tag : 男の料理 無職

2009-05-10 20:58 : 肉料理 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

私のサルティンボッカは豚フィレで
作ります^^
チキンもいいなって思いました♪

そして生ハムとセージを肉に押し付けて
離れないようにしてソテー。
ソースは
白ワイン・ブイヨンを煮詰め
生クリームを入れたもの(女性向かな。。)

ずっと作っていなかったので
急に食べたくなりました~
フィレがあるから
明日作ろうかな。。
ゴルッテリアさん ありがとう♪
2009-05-10 22:39 : mogyo URL : 編集
Re: タイトルなし
> 私のサルティンボッカは豚フィレで
> 作ります^^

さすが、大先輩 ! 私なんて、見るも聞くも初めてで出来上がった物が本物かどうかも解らない始末。 写真を見ると自分のはなんか不恰好、レシピを良く見ると、なんかロールピンのようなもので、押してもっと平らにするそう。 食べたことない物作るって不安ですね。
2009-05-11 14:13 : ゴルッテリア URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(60歳)。
もう、8年以上無職で、最初はちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、やっと定年の年齢に達してちょっと安心しているところです。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: