億万長者っていくら持っている人?

今日の次のニュースを見て感じた。

The billionaries who could buy Ferrari

タイトルは ”フェラーリを買う事が出来るビリオネーヤ(お金持ち)”  なのだが、 別にお金持ちに憧れた訳ではなく、 お金持ちという表現を ビリオネーヤ(billionaire) と呼ぶ事であった。 昔は ミリオネーヤ(millionaire)だったのにどんどん桁が上がって行くのですね。
実際にこれらを日本円に直すと、 
ミリオネーヤ(millionaire)   一億円
ビリオネーヤ(billionaire)   一千億円
なので、 ミリオネーヤ(millionaire) でもフェラーリは買えるんじゃないかと、 いらぬ心配をしました。 (実際の記事の内容はそんなちんけなフェラーリの話でないのでビリオネーヤ(billionaire)  の表現が適しています)

ふと、 疑問に思ったのは日本語はなんていうのだろう?  億万長者? って良く言うけど、 いったい幾らもっていれば億万長者になれるのだろう?  億 X 万 だと 1兆 になっちゃいます。  幾ら金持ちが増えたからといって、 1兆もっている人はまだ、少ないですよね。

語源を調べて見ると、 元々は100万長者だったらしいです。  この100万と言う単位も 100万円ではなく、 100万ドルだった説もあります。 当時、 1950年代、 のアメリカで ミリオネーヤというTV番組があり、 1ミリオンを変換し日本語にすると、100万ドルなので、 100万長者になったらしい。 そういえば、昔、100万ドルの夜景なんてのもありました。  ただ、億万長者の本当の語源はあいまいだそうで、 Wikiベディアにものっていないそうです。 

結局、 億万長者という金額的な定義はないそうで、 大変なお金持ち と言う意味だそうで、、  はい なんともまとまらない落ちでした。  失礼いたしました。

というか? 無職のお前が 億万長者の話なんかするなと怒られそうです。  ごもっともで、 はい。。
関連記事
スポンサーサイト
2014-10-30 13:00 : 一般 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(60歳)。
もう、8年以上無職で、最初はちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、やっと定年の年齢に達してちょっと安心しているところです。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: