シャリアピン ステーキ

再び、肉モードが爆発してしまいました。

発火原因は いその爺さん と kovachanさん のブログ。

今日買ってきたのは438gで2人分です。 
ランプでも良かったのですが、なんと800gもあったので、2人ではとても食べきれないので
2枚で、438gのサーロインを買ってきました。 (これが一番小さかった)

CIMG7578.jpg

2枚ともタマネギをすったもので2時間ほどつけました。
まず、一枚目を自分で作って見ました。

CIMG7575.jpg

自分ではとても美味しくいただけたのですが、 女房の採点は×。

2枚目のソースは女房が作成。

CIMG7579.jpg

さすがです。 負けました。

で、結局、女房は100gくらいしか食べなかったので、私は残りの300g以上食べてしまいました。

激ヤセしないでスンダ。 


スポンサーサイト
2009-11-30 22:25 : 肉料理 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

トマト鍋

最近TVで良くトマト鍋を紹介しているので、時々やってます。

お気に入りは、油揚げの中に色々と具を入れるやつ。

 1. 前回、あまりスモークされなかった自作のベーコン。
 2. 庭で取れたバジルを乾燥させて冷凍保存しておいた物。
 3. とろけるチーズ。
 4. 乾燥パスタで油揚げが開かないように閉じる。

左は乾燥バジル、 右は油揚げの中に色々入ったもの。

CIMG7502.jpg CIMG7557.jpg

スープはホールトマトと水とブイヨンで、

もちろんは野菜は一曜菜園の聖護院大根、カブ、水菜などなどです。

あ、エビも安かったので、少し入れました。

CIMG7562.jpg

最後に粉チーズを振って出来上がりです。

うまし、 カブが とても 最高の味出してました。

そうそう、カブって保存するとき、葉っぱは切って別にしておくと良いんだって。
理由はマムチさんのブログを参照して下さいね。

最後はもちろん、ご飯を入れて、

CIMG7512.jpg

うまし、 
2009-11-29 22:09 : その他の料理 : コメント : 14 : トラックバック : 0 :

自家製ベーコン 失敗

前から時々、豚バラを使って、塩漬けして、パンチェッタを作っていたのであるが、
やはり、豚の生ということで、少し抵抗があったので、今回はベーコンを作ってみた。

まず、 塩水とハーブなどでソミュール液というものに10日位浸しておきました。
CIMG7437.jpg

流水で塩を洗い流し(2時間)、 外で3時間干して乾かす。

CIMG7536.jpg

庭で燻製をすると、近所迷惑なので、ガス代でスモークです。

CIMG7547.jpg

できあがり、 失敗です。

CIMG7551.jpg

失敗の原因はガス台なのです。 家をリフォームする時にIHクッキングヒータにしようかとも
思ったのですが、どうしても、チャーハンとか、中華ナベもやりたかったので、やはり、
ガスにしました。 その時に新しいガス台に変えました。

今のガス台って、安全の為に温度センサーがあって、 温度があがると勝手に温度を
さげてしまうんです。 従って、スモークが始まる前にガスが弱くなってしまい、煙がでないのです。
センサーを解除しながら、色々と悪戦苦闘しましたが、どうしても煙りません。

頭にきたので、メーカに連絡して、サービスを呼びました。 次の日にはすぐ来ました。

センサーは壊れてはいなく、今の安全基準にそって働いているそうです。
ちなみに、餅を網で焼こうと思っても、 温度センサーが働いて、 焼けないそうです。
揚げ物も高温ではできないので、カラッとは行かないようです。

しかも、ウチで今使っているナベなどは汚れているので、センサーが早く働いてしまうとのこと、
なので、美味しい料理をするには買い換えるしかないとのこと。

このメーカー、かつて、死亡事故を起こしているので、センサーが早く聞くらしいとのこと。
知っていれば、違うメーカーを買ったのに。

買ったばかりのガス台、餅も、スモークもできないばかりか? カラッとした揚げ物も
できないって、なんか納得ができない。  ぶ~!
2009-11-27 23:43 : 肉料理 : コメント : 18 : トラックバック : 0 :

ドイツワイン講座

2ヶ月以上前に申し込んであった、ドイツワイン講座を受講してきました。

先生は近くの大学の教授で、ドイツの会社に30年勤務していたそうです。
生徒は30名、申し込み多数の為、抽選だったそうです。
生徒のほとんどは、ワインを本当に好きな人ばかりだったようです。
中にはソムリエ(ドイツワインの場合はソムリエとは呼ばないそうですが)の
試験を受講する人までいました。 又、本物のドイツの人もいらっしゃいました。

30名中、 本気で酒を飲みに来ていそうな雰囲気の人は
私の他に1名でした。  なんとその人はジャージ姿でジョギングの最中でした。

2時間の持ち時間で、最初の約40分はドイツワインについての講習でした。
私が理解できたのでは 以下のとおりです。

1. ドイツ人といえばビールとジャガイモとソーセージばかり食べていると、
   思われているが、実際は違う。  パーティなどではビールは出ないし、
   素晴らしい、煮込みなどの料理も沢山ある。
   中でもワインは素晴らしい物がある。

2. ドイツワインというと甘い白ワインを思い浮かべる人が多いが、
   それは過去のワインの等級の仕方が問題で、
   辛口の美味しいワインもあるし、 赤ワインも増えてきて、今は全体の
   40%は赤ワインになっている。

3. 北に位置しているため、ブドウを作るには最北端となる。 そのため、
   少しでも日にあたるように、勾配でブドウを育てる為に、どうしても生産量に
   制限があるので、値段は高くなってしまう。

4. 日本人のアルコール離れが増えていて、ワインのシェアはどんどん下がっている。

というような、講習が進み、 段々眠くなってきた頃、 さて、試飲の開始です。

残り、1時間20分、 飲み放題の始まりです。 カーン 

ワイン002 ワイン004

Image009.jpg Image010.jpg

ツマミはチーズにビスケットやフランスパンがありました。

私はジャージ姿の親父さんと、ガンガン飲んでしまいました。

家に帰る途中、近くにできた、博多ラーメンのお店で、
ハイボールを飲みながら、
ワイン ハイボール

博多とんこつラーメンをすすってきました。 うまし、、、

ワイン とんこつ

このとんこつラーメン美味かったなあ、 この麺とスープは絶対に自分では出来ないし、
脱帽でした。 また、こよっと。

あ~、 幸せ。 





2009-11-26 19:05 : : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

一様菜園 その2

今日も一曜菜園の野菜を使っての酔っ払いレポートです。

昨夜はちょっと、ヨッパで失礼イタシマシタ。  今日もヨッパですが、

ジャーン、まずは、

日本酒熱燗で、前菜です。 (前妻ではありません)
アンティパストとかあぴたいざーとかとも言うそうです。

CIMG7545.jpg

大きくすると、よく解ります。

水菜をお洒落に竹輪でくるみました。 カブもお洒落に切ったのでが、写真では解りません。

CIMG7544.jpg

うまし、、、、 
このまま、天国に行っても良かったのですが、、、

次は、サトイモです。 実はあんまり里芋が好きではありません。(子供舌?)

今日は里芋のコロッケを、、作りました。

里芋をふかして、皮を剥いて、 ちょっと味見すると、
んん、 ウマ~、  美味しです。   これは期待。 むふふ。

タマネギに、挽肉、 白ネギ、 などを混ぜ混ぜ、 コロッケに、
少し、(結構?) マヨネーズも混ぜて見ました。

CIMG7540.jpg

キャベツももちろん、一曜菜園です。 

旨し、美味し、ウマシです。 
ここから、ウイスキーに変えてがぶがぶです。 

自分でも家庭菜園を少しやってますが、 やはり、根性の入った人間の作った野菜の味は
違います。  52年生きてきて、カブ(株じゃない)と里芋の美味しさを始めて知ったような?

はい、美味しい野菜が欲しい人はここです。 まだまだ、買えるそうですよ。


2009-11-24 19:26 : その他の料理 : コメント : 16 : トラックバック : 0 :

野菜でフルコース

今日は29回目の結婚記念日。 そして、息子の27歳の誕生日。

我が家にとって、とてもおめでたい日なので、今日は何を食べようか?(飲もうか?)
と考えていたら、届きました。 野菜が ブログ仲間のゴンザレスさんから 届きました。
ゴンザレスさんは私と同じプータローですが、私と違うのは、一生懸命農業を目指す
立派なお方です。

実は夏野菜から頼んであったのですが、色々と天災があり、今日まで伸びていたのです。
農業って本当に大変な仕事だと思います。

まずはサラダです。 送ってきた赤カブをスライスして、水菜を添えて、
梅ドレッシングで頂きました。

飲んだ酒は、日本酒の冷とワインの白を頂きました。  どちらでもオッケイでした。

CIMG7519.jpg

次は聖護院大根という京都の高級大根です。 
これはシンプルにステーキです。 
ソースはバターに庭のバジルとニンニクで作ったものです。
なぜか、大根おろしも、

飲んだ酒は、 熱燗でした。  

CIMG7524.jpg

その後はキャベツを使ってのロールキャベツです。

ロールキャベツに関してはいろんなウンチクがある、我が家です。
今日は女房が作りました。

飲んだ酒は、ウィスキー水割りです。

CIMG7526.jpg

最後は、聖護院大根の葉で、菜飯を作りました。

CIMG7532.jpg

感想は 美味い です。

幸せな記念日でした。

あ、息子に連絡しなくっちゃ。 息子も今日は誕生日でした。

娘は来週挨拶にくるそうです。  楽しいこと一杯です、我が家は。




2009-11-23 18:37 : 自己紹介 : コメント : 18 : トラックバック : 0 :

日本酒 灘五郷

日本酒の美味しい季節となりました。

そこに、メタボ夫婦さんの灘五郷の話題が、ちょっと気になりました。

そういえば、自分の小さい時から、TVのコマーシャルで流れていたのは、灘の酒ばかりでした。
自分の親達が飲んでいたのも、いつも灘の酒だったような??

酒は大関、、、日本盛りは、、、 松竹梅 などなど、

でも、最近は地酒ブームで暫らく飲んでいないな?

そこで、日本酒を覚えた時に良く飲んだ、剣菱を冷で、
魚はわらさのカマを塩焼きで、  旨い !

CIMG7489.jpg

女房がつくねを作ってくれました。 きょうも、ルッコラの上に乗ってました。

CIMG7491.jpg

熱燗も飲みたかったけど、 このまま、 イッキに行ってしまいました。 極楽です。
日本人で良かった。



2009-11-22 21:53 : : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

ボジョレーヌーボー

ボジョレーヌーボーが解禁されました。

あれは、ブドウの評価の為、早めに発酵させているから、ワインとしては、、 、 とか、
この、騒ぎはワインを知らない日本だけの物とか、、 

色々と言われてはいますが、 飲めれば良いんです、のん兵衛は。
今年はペットボトルのボジョレーもあって、値段も安くなって、良いことずくめです。

でも、買いに行ったら、安いのは売り切れていて、1180円のを買いました。
(それでも例年よりは安いと思います。)
CIMG7486.jpg

昨日ラーメンに使った、チャーシュに長いもをすって、ルッコラにくるんで食べて見ました。
いわゆるトントロです。
ルッコラの辛味が凄く合いますよ。
できれば、今庭で育てているワサビ菜ができれば使いたいです。
チャーシュはバラを使って5時間煮込んだ物です。

CIMG7443.jpg

料理的には日本酒も良かったのですが、
ボジョレーは軽いので、逆にコッテリとしたこういう料理も良いのでは?

凄く美味しくいただけましたが、
できれば、熟成できない、ワインなら、 酸化防止材はいらないのではと個人的に思いました。

1本空けるチョット前からやはり、頭痛が、、 そして、違うお酒に切り替えました。

2009-11-21 20:52 : : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

パスタとラーメンの違い

最近 いその爺さんのブログのナポリタンの謎を読んでいると、自分でもどんどん歴史を
調べるようになってきて、 ふと気がついたのが、 パスタとラーメンってどこが違うのかな?

パスタとラーメンどちらが、先に生まれたのか? とか色々と説はあるようだが、
疑問に思ったのは、その中身、 一般的にラーメンはカンスイが入っているとか、
パスタにはオリーブオイルが入っているとか、あるけど、 昔はきっと使っていないだろうな?
最近でも、 カンスイは添加物と考え使わないラーメン屋もあるし、、、
それなら、うどんは? どう違う?  食べた感じはそれぞれ全然違うけど。

そこで、讃岐うどんなどに使われている人気の小麦粉、麺の巧(オーストラリア産)に
卵とカンスイ、塩でラーメンの麺を、
カナダ産のデュラムセモリナに卵とオリーブオイルと塩でパスタを同じ太さで作って見ました。

コネテいる感触はちょっと違いますが、出来上がりは作った本人でもまったく解りません。
ちなみに右がラーメンで左がパスタです。

CIMG7451.jpg

ラーメンはまず、前に作って冷凍保存してある、丸鶏のスープを使って、塩味の物と、
豚バラを5時間煮込んだ、真っ黒いスープの2種類を作りました。

(クリックで少し大きくなります)

CIMG7360.jpg CIMG7461.jpg

パスタは、トマトソースにツナ、野菜、コンソメ、パルミジャーノなどを使って、
見ました。

CIMG7473.jpg

ラーメンの方にはカンスイを使用しているので、それなりにラーメンっぽかったけど、
それ以外に麺の違いってあまり感じられません。
カンスイなしのデュラムセモリナのラーメンっていうのも昔なんどか試したけど、
それなりに出来ちゃいます。 ますます、ラーメンとパスタの違いってよく解らなくなりました。

ちなみに今回は両方に卵を使いました。 

卵を使うことによって、麺のコシは、モチモチという感じより、どちらかというと、固いコシの
ある麺になるようです。 

今までの経験も含めて、考えると、私の好きな麺は、やはりモチモチなので、
強力粉と薄力粉のミックスで卵なしで作った麺(パスタもラーメンも)が一番好みのようです。

ナポリタンの謎からはかなり、脱線してしまいましたが、

中年の男って 変なことにコダワリます。


 
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

2009-11-20 16:15 : ラーメン : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

手作りなめ茸おろしで一杯

なめ茸って、瓶詰めでスーパーで買うものだとばかり思っていた。

実は前にシナチクを手作りしようと、試みたけど、どうしても市販のようにはならないので、
なめ茸も作るのは難しいのだろうと、最初から諦めていた。

ところが、マムチさんのなめ茸の記事をみて、びっくり。
超簡単なのである。 作り方はマムチさんの記事を参照して、追加に
唐辛子をちょっと加えただけです。
添加物なしというのが、いかにも健康っぽくて、酒が進みます。

こうなると、コテコテの日本酒が飲みたくなります。

CIMG7465.jpg

飲んだお酒は ”みちのくやまがた” 純米酒である。 金賞受賞とか書いてありました。

最近の、旨い日本酒の表現っていうと、 

 水のように、すっきりとした味わい とか、
 まるでワインのように、 フルーティな味わい とか?
 米くさくない とか?
 酔っ払い臭くない とか?
 
など、ばかりだと、どうしてもひねくれ物も私としては、 なら、 美味しい水やワインを
飲んだら? とか思ってしまいます。

純米酒だと、いかにも、米の香りの日本酒です。 だから人気がないと聞きますが。

もちろん、ワインのようなフルーティーな味わいはないので、醤油系の味しか合わないような
気がします。  絶対にチーズなどを使った料理は想像も出来ません。

次に食べるのも、日光行ったときのお土産の たまり漬けです。

CIMG7470.jpg

こうなると、締めは 古代米です。

CIMG7471.jpg

激ヤセ街道まっしぐらのように思われてますが、(?) いっこうに痩せないのは
なぜでしょう? 

酒の飲みすぎ? 
ブログに載せていない食べ物がたくさんある?

 
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

2009-11-19 09:04 : : コメント : 18 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(60歳)。
もう、8年以上無職で、最初はちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、やっと定年の年齢に達してちょっと安心しているところです。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: