FC2ブログ

羽根つき餃子

餃子も大好きな食べ物のひとつ。

今回は過去からのレッスン、ラーンから薄力粉のみで1枚6gの皮を作って見た。 
過去1 過去2
CIMG6093.jpg

一枚一枚、麺棒で丸く延ばすのは、けっこう大変です。
腰が痛くなるので、座りながらやりました。 

餃子の具と包むのはは女房に作ってもらいました。 

CIMG6094.jpg

そして、今回のテーマのひとつの羽根つき、
フライパンに円状に餃子をおいて、 強火で焦げ目をつけたあと、
小麦粉をといた水をいれ、ふたをして、しばらく蒸しました。
水がなくなった後に胡麻油をたらし、さらに強火で焼いて、

じゃーん、

CIMG6096.jpg

パリッパリの羽根つき餃子の完成です。

羽根つき餃子は今後はまりそうです。

残った餃子は、チーズを入れて作って見ました。
今日TVで家庭の弱い火で美味しい餃子を焼くには、粉チーズを入れると良いというのを
やっていたので、試して見ました。
TVではパリパリになって、粉チーズの味はしないと言っていましたが、

CIMG6105.jpg

チーズの香りたっぷりの、とろけるような、餃子が出来ました。(?)
残りも羽根つきにすべきでした。 

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
2009-09-17 17:40 : 餃子 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

手打ち味噌つけ麺

強力粉といえば日清のカメリアを普通に使っていて、とても満足だったのですが、
スーパーキングという小麦粉が人気らしいので、購入してみました。

小麦粉を触った感触があまりにすべすべなので、内容を調べてみたら、
小麦粉はカナダ産で増粘剤(アルギン酸)、粉末麦芽などが配合されているようです。

まず食パンを作って見ました。 モチモチの美味しいパンが出来上がりました。
CIMG6075.jpg

味も食感も素晴らしいパンでした。 

次にラーメンを打ってみました。

小麦粉100gに対して、カンスイを5gで、最初は38%の加水率で打ち始めましたが、
少し水が足りなさそうだったので、少し足しました。
 加水率は多分40%は超えたと思います。

一晩寝かした後、 パスタマシンでやや厚めに延ばし、2mmのカッターで切りました。

CIMG6084.jpg

思い通りの太めの麺が出来たので、つけ麺にしたくて、タレ作りをしました。

にんにく、たまねぎ、人参などを刷って、 サラダ油で炒めて、 味噌は2種類を混ぜ、
チャーシューの煮汁と手羽煮の煮汁などをまぜて作りました。

スープは煮干とカツオ節をフードプロセッサーで細かく粉末にしたものを使い、
鶏がらスープだけは市販の粉末の物を使いました。

もやし、キャベツ、 人参、 エリンギなどを炒め、 そこにスープを入れ、野菜の味が
出たスープを、タレに混ぜて見ました。 つけ麺なのでかなり濃い味付けにしました。

CIMG6088.jpg

茹で上がった麺は水で冷やして、

CIMG6090.jpg

小麦粉に添加物が入っているせいか?  風味の良い麺に仕上がりました。

ただ、ちょっと加水率が多すぎたので、今度はもうちょっと下げたいと思いました。
写真では解りませんが沢山の野菜がスープの中に入っていて、 ムシャムシャと
すごく美味しく頂けました。 

気になったのは、変な添加物が入っていること? でもどうせ、カンスイなんかも使うんだから、
何が入っていても同じか?

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ 
2009-09-16 21:21 : ラーメン : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

デュラムおじさんのフィットチーネ

もともと、料理を始めたきっかけは、パスタとラーメンの麺打ちから、

最初に作ったパスタは強力粉と薄力粉のミックスでかなりの出来栄えであったが、
その当時の英語の先生(USの人)からデュラムセモリナと卵だけで作らないとパスタとは呼べないと
言われ、そこからパスタにハマッテしまった。 
いくら、色んなデュラムセモリナを使っても美味しいパスタが出来ない。
色々食べ歩いたり(イタリアも旅行した)、本やインターネットで調べて、色んな小麦粉の
存在を覚えた。 結局小麦粉のミックス(00粉や薄力粉、強力粉)をまぜて、卵を
使わないパスタが、自分にはあっているとの結論が出た。

しかし、最近になってデュラムセモリナ100%を歌う、パスタ屋さんが増えていて
本当にそうなのか疑わしいが、食べてみると美味しい。
でもお店の手打ちパスタってたいてい白い色なんだよね?
デュラムセモリナって黄色いはずなんだけど、しかも卵入れればもっと黄色くなるはず。

そこで確認の上でもう一度、デュラムセモリナ100%と卵だけのフィットチーネを作って見ました。

CIMG6025.jpg

合わせたソースは定番のボロネーゼを、

CIMG6027.jpg

ちょっと麺の厚さがあつめになってしまいましたが、麺の出来としてよい方だと思います。
しかし食感と味は好みではありません。 生パスタが好きな女房も同じ意見でした。

今まで、デュラムセモリナはイタリア産も含めて3種類使いました。
今回、4種類目のデュラムセモリナを手に入れました。 さらに、強力粉、中力粉、00粉も
仕入れました。 

時間もたっぷりあるし、 これらの材料を使って、また、パスタ、ラーメン、うどんを作りまくります。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

2009-09-15 21:41 : パスタ : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

ベトナム料理 

娘から連絡があり、今度の9月の連休に旅行に行くので、前金を収めておいて欲しいと。
ん、新種の振込み詐欺か? と思ったが、そこは可愛い娘の為、 旅行会社に振込みに。

HISのカウンターで尋ねるが、HISにはそのような予約は入っていないらしい、
恐る恐る、娘に連絡すると、JTBって言ったでしょ、 だって。

あ~、昨日の事ももう忘れている。  最近のことはすぐ忘れてしまう。

で、今度はJTBのカウンターで支払い。   このお金は返してもらえるのかな???

なんだか、すっきりしない。 女房と一緒に普段行った事のないベトナム料理店へ。

まずは一番人気というサイゴンというベトナムビール。

Image037.jpg

こんなちっちゃくても700円。 味はアジアンテイスト。(意味不明)

次は定番の春巻き。

Image039.jpg

つけるタレは、チリソース、甘酢、 ナンプラーのいずれかだけど、色々試して、
全部混ぜたのが一番美味しかったです。

次はベトナムお好み焼きで、パインセオ。

Image041.jpg

これは日本のお好み焼きに一見似ている。 同じような生地のなかにはもやし、鶏肉などが
詰まっていて、甘酢につけてそれを、 香草(パクチーやしそや、、、)とレタスで食べる。

この香草の味がいかにもアジアンフードで意見が分かれるところ、
私は良かったが、女房はダメでした。

ここで、ビールが切れたので、 ルモアイというベトナムの米焼酎をロックで、

Image043.jpg

これは日本の米焼酎とほとんど同じ味でした。

最後はフォーというベトナムラーメン。

Image048.jpg

麺は米から作られたような、やや太めのものでした。 スープは鶏がらベースだと思うけど、
日本のラーメンのイメージで食べるとなんかインパクトはない。 
最後のころはナンプラーを入れて食べていたが、これでいいのだろうか?

パクチーやナンプラーが美味しいと感じる人(自分)にはとても美味しい食べ物でした。
嫌いな人(女房)には無理だと思います。


2009-09-14 21:18 : ラーメン : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

手打ちうどん

TVでオーストラリア産の小麦粉は素晴らしいというのを見てから、どうしても一度使って見たかった。
現に讃岐のうどんのほとんどはオーストラリア産の小麦粉を使っているらしい。

実際に買おうと思うと、なかなかオーストラリア産100%というのはなく、殆んどが99%とかの
表示がある。 なんでだろう、高々1%くらい国産混ぜても意味ないと思うのだが、、、

100%のオーストラリア産は諦めるとして、評判の高い めんの巧というオーストラリア小麦99%
の物を購入した。

さっそくうどん作り、うどんはシンプルで水と塩だけで作ります。
ここは、こだわって(何を?)、塩もオーストラリア産を使用しました。

うどんは太くて簡単なので、パスタマシンは使わずに、麺棒と包丁だけで、カット。
太さは均一ではないけど、そこは、手打ちということで、

CIMG6052.jpgCIMG6055.jpg

汁は市販のタレを使って、 ぶっかけ と かけうどん にしてみました。
タレは薄めにしたつもりでしたが、写真でみると濃いですね。 関東風です。

CIMG6057.jpg
CIMG6060.jpg

うどんは、適度なコシがあって さすが、讃岐で愛用されている小麦粉でした。
簡単に打てるのこれからが楽しみです。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

2009-09-13 20:36 : その他の料理 : コメント : 10 : トラックバック : 1 :

ホッピー あんど 秋刀魚 ぱーと2

ホッピーについて色々問い合わせがあったので、自分の知っていることだけ説明します。

自分がホッピーという飲み物をしったのは多分昭和50年頃???
当時は税金の関係かどうか解らないが、ビールも酒も高かった。
焼酎という飲み物だけはとにかく安く、酔っ払えるものであった。

手っ取り早く酔っ払うには、複数の酒を飲めば酔っ払うという伝説もあった。(ちゃんぽん?)
そこで、ホッピーというアルコールが無い(税金がかからない)安い飲み物に、
安い焼酎のアルコールをまぜれば、はやく、安く酔っ払える。
自分のイメージはこんなです。

今では、ホッピーも330mlで100円位するし、焼酎はどんどん高級化しているし、
でも安い焼酎をさがし、昨日は家で飲んでみました。

ホッピーも焼酎もコップもギンギンに冷やします。 けっして氷は入れてはいけないです。
後は好みでただまぜるだけ、 飲めば飲むほど酔っ払いますが、次の日の保障はしません。

CIMG6050.jpg

次に秋刀魚のお話、 焼き方だけでも、いろんなウンチクが、
塩は最初にフルベキ、 いや、 直前に振るべき、 焼き方は強火、 いや、 中火、
どうでもいいけど、 骨抜き秋刀魚 の作り方。

CIMG6046.jpg

焼いたあと、こうやって、骨だけ抜けちゃうんだ。
小骨は少しだけのこるけど、食べるには関係ない程です。
焼く前にシッポを切り落とす、これだけで、この技が完成します。
味にはぜんぜん関係ないですけどね。

ちなみに今回はスダチではなくて、大分のカボスです。

カボス良いですよ。 


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
2009-09-12 22:17 : : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

リフォームしてたら

築24年の家をリフォームしている。

いろんな物をあっちにこっちに移動しながらやっているのだが、 時々懐かしい物が出てくる。

CIMG6040.jpg

今から35年前にバンドをやっていた時に使用していた物です。

当時、 成毛滋というギタリストが使っていた物で、グレコという日本のメーカーが初めて
作ったレスポールというモデル。 ピックアップ等は改造されているが、もちろんオリジナルの
パーツも出てきた。

成毛滋さんは当時フライドエッグというバンドのギターリストで、ベースはあの高中正義で
ドラムはつのだひろという豪華メンバーで、代表曲はメリージェーン。

その成毛滋さんも数年前にお亡くなりになられたらしいし、 数ヶ月前にはこのレスポールと
いう原型を作ったレスポールさんもお亡くなりになられたらしい。

時間もあるし、またこのレスポールというギターでも弾きたくなってきた。

小学校5年、6年の頃は自分にとって最初のエレキブームでグループサウンドが流行っていた。
親に頼んでクラシックギターを始めて手にした。
中学校3年生の時に吉田拓郎がでてきてフォークブーム。
ビートルズは中2の頃に初めて聞いたような気がする。
高校1年の時にはキャロルが出てきた。 ディープパープルやレッドチェッペリンも流行ってた。
このような中で、高校2年生の時に、 キャロル、ディープパープル、レッドチェッペリン、
そしてなぜかかぐや姫を演奏するバンドをやっていた。

高校を卒業して依頼、しばらくやっていなかったが、30代の頃、また、ギターブームがあった。
エリッククラプトンやスティービーレイボーンなどのブルースに興味があった。

今はもっと古いブルースなんか凄くいいなあ。 
飲む酒はもちろんバーボンってね。

とこんな前置きはどうでも良いのだが、
私のブログに遊びに来ている人に乃李麟さんというピアニストの人がいるのですが、そのブログのなかで、
期間限定だが、七夕という局が紹介されている。

2回3回と聞いていると、すごく味があっていいよ。 
ちなみにギターはレスポール。 バンドは解散しちゃったらしいけど、


2009-09-11 19:25 : ギター : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

イサキの香草焼き

かなり前にもらって冷凍にしてあった、イサキをそろそろ使わなくてはならないし、
庭のハーブ類も使って見たかった。

CIMG5996.jpg

過去には イサキのアクアパッツアや イサキのハーブ蒸し などを
やったが、今回はシンプルにハーブで焼いてみた。

包丁をピカピカに研いで、魚を綺麗におろして、 塩コショウしてハーブ、小麦粉をまぶし、
ニンニクを炒めたオリーブオイルで焼いた後、 ワインビネガーを入れ、ふたをした。

CIMG5998.jpg

最後にイタリアンパセリとバジルを乗せただけのシンプル料理です。

そういえば、最近、釣りをやっている友達から魚が届かないなぁ?
釣れないのかな?  包丁研いでまっているのに。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ



2009-09-10 13:18 : : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

タマネギまるごとスープ煮

最近野菜が不足気味なので、野菜をたくさん食べたいな。

圧力鍋にタマネギ、じゃがいも、大根、ソーセージ、ベーコン、挽肉とハーブ類を
ぶちこんで、チキンスープで煮込んでみました。
分量はすべて適当でスープは多めに作りました。
圧力鍋なのですが、5分かけて柔らかくしました。

CIMG6012.jpg

5分で出来るのでその間に飲みすぎてしまうこともないし、
塩コショウであっさりとヘルシーにとても美味しく出来ました。

これだけでも美味しかったのですが、調べたレシピにオリーブオイルと卵のソースで
食べると紹介されていたので、 卵黄にホワイトビネガー、オリーブオイルと塩コショウで
作ったソースをかけてみました。

CIMG6014.jpg

ん? ちょっと失敗? 余計だったかな? ま、邪魔ではないけど、 
なくても良いって感じでした。 でもせっかく作ったので写真だけ、

で、次の楽しみは沢山作っておいたスープです。
チキンのダシはもちろん野菜のダシがばっちりでているので、明日はラーメン食べたいな。

パスタマシンで細身の麺を作成。

CIMG6015.jpg

野菜たっぷりのチキンスープに、 魚介のダシとチャーシューの残りダレで味を調整して、
ネギだけの 素ラーメンです。

CIMG6020.jpg

ラーメンは次の日のお昼に頂きました。

今、自分の中で、 ドカ食い禁止令を出しているので、 一応守っている。
前なら、一度に全部食べたかもしれない。 

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ


2009-09-09 12:55 : その他の料理 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

ホッピー

涼しくなってきたのでなんかムショウにホッピーが飲みたくなってきた。

そういえば、仕事をしなくなってから、夜飲みに行く機会がぐっと減ってしまった。

ところで、このホッピーという飲み物、昔はとにかく安く酔っ払う為の飲み物という印象があったが、
最近はぐっとお洒落な感じになってきている。
昨夜は我が家から2分程度のところにある、小料理家で2杯。

まずはホッピーを注文したら黒ホッピーしかおいてなくて仕方なく注文。

Image025.jpg

携帯のカメラだったので、上手く取れませんでしが、 生の中ジョッキくらいの大きさで
650円なので昔ほど、安いイメージはないです。
味は黒ホッピーでした。

まずは、自分でもよくやる秋刀魚の刺身を作ってもらいました。 これも650円。

Image027.jpg

さすがプロの包丁さばきは違うなと関心します。 
でも食べてみると、骨抜きがあまい、少し骨が残っているし、魚も自分で買ってくるものの方が
新鮮でした。 
でも、まあまあ、美味しく頂いて、 

次は 鯛の頭の塩焼きを頼んで見ました。 なぜかこれも650円?

Image029.jpg

これは美味い。 絶妙な塩加減、焼き加減はさすが、プロの技です。

最後は シソ巻きのとんかつを女房が頼んだのを半分食べました。

Image030.jpg

う~ん、 なんか懐かしい味。  幸せ~ なひととき。

こういう小料理家さんって、作っているところも見えるし、 巨大なフード企業が作った今の味では
ないので、 年寄りには落ち着きます。


2009-09-08 11:47 : : コメント : 12 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(62歳)。
52歳で早期退職して約10年が過ぎました。のんびりと生活していましたが、今は 年老いた両親の介護と孫の世話に終われる日常となりました。

株価&為替ボード

月別アーカイブ

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: