ゴーヤとうなぎの炒め物

今日も土用のうなぎの日らしいので、ゴーヤと合わせて食べて見ました。
 
CIMG5784.jpg

タレがなかったので、自作してみました。

醤油、 オイスターソース、 胡麻油、 砂糖、 酢、 味醂、 などなどで、

まあまあ、普通に美味しかったです。

疑問に思ったのは、ゴーヤから余った、わたと種、
色んな食べ方があるらしい、

まずは初級モードで卵と一緒に食べてみました。

CIMG5787.jpg

ぜんぜん、苦くないというか、 パリパリしている種がフワフワの卵の中で、
妙な感触があります。  味は殆んどないので、 色々と工夫すれば面白い食べ物かも知れません。

ワタの存在はまったく感じませんでしたが、
やっぱり捨てるのはもったいないですね。 色々と利用できるそうですよ。



スポンサーサイト

tag : ゴーヤ

2009-07-31 18:55 : その他の料理 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

手打ちそば やっと成功?

過去2度に渡ってのソバ打ちは大失敗だったので、
WEB等で作り方を何度も調べ、 以下の点を注意して、 3度目の挑戦をしてみた。

1. 加水率は大目に(50%以上) 水ではなくお湯をつかう。
2. 小麦粉の割合を増やす。 20%- 50%まで増やす。
3. パスタマシンを使う。

まず、これまでと同じそば粉と中力粉を50%/50%でまぜ、 50%以上の加水率で混ぜてみた。
明らかに楽にコネレルので、なにやら今までとは違う感触。

ここまでしっとりとコネレレバ手で切っても大丈夫かと思い。
半分の生地に対して、打ち粉をしっかりしながら、手で切ってみたら、
やっぱり失敗で、途中でボロボロ切れてしまう。

ここで、今までのパスタの経験から、少し乾燥させながらやってみた。
残りの生地を1時間ほど、寝かして、 麺棒でユックリと丁寧に延ばす。
乾燥の度合いを見ながら、 さらにパスタマシンのローラーでゆっくりと伸ばす。

工程的にはパスタと一緒であるが、実際は2倍以上ゆっくりと丁寧に作業してます。

さらに打ち粉をたっぶりとして、パスタマシンのカッター(2mm)で丁寧に切ってみました。

最初の写真は手で切ったもの、 次はパスタマシンで切ったもの、
(クリックすると大きくなります)
CIMG5763.jpg CIMG5767.jpg

太さが違うのは仕方ないのですが、手で切った方は途中で切れてしまって短くなっています。

成功したパスタマシンで切ったものを茹でて、冷やして、美味しく頂きました。

CIMG5771.jpg

反省点。

1. 加水はパスタやラーメンよりもかなり多くする。
2. 加水しすぎた時は乾燥の工程を入れる。
3. 延ばす時はゆっくり丁寧に行う。
4. 打ち粉はそば粉を使った方が良いかもしれない? (いつも中力粉を使っている)

とりあえず今回は成功したので、次は10割そばに挑戦してみたいと思う。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

tag : そば ソバ打ち パスタマシン

2009-07-29 13:45 : その他の料理 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

ローマ風ピッザ

トマトが旬なので完熟トマトを使ってトマトソースを作ってみた。

そのソースを使ってピッザを作って見た。
いつもは生地の厚めのアメリカ風?の物を作っているが、我が家のオーブンでは
どうも上手く焼けない。

今回はローマ風の生地の薄い物を作ってみた。

生地は強力粉とドライイースト、水、オリーブオイルでコネて30分ほど寝かしました。
麺棒でできるだけ薄く延ばしました。

トマトソースは、塩、こしょう、 ワイン、 ビネガー、 ガーリックで少し煮込みました。
シーフードとバジルを少しだけのせ、チーズも控えめに、

石釜は使わずに、(持っている訳ない)、オーブンも使わず、
フライパンでふたをして、弱火で8分くらい、

CIMG5755.jpg

パリパリのピッザです。
ボリュームがないのでいくらでも食べちゃいます。

2人で4枚焼いて食べてしまいました。

卵のせたりして、なんとなくお好み焼き感覚になってしまいました。

CIMG5762.jpg

本物のローマ風ピッザを食べたことはないのですが、 なんかお菓子感覚でいくらでも
食べれてしまう感じで、また、食べ過ぎてしまいました。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

tag : ピッザ

2009-07-28 19:41 : その他の料理 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

バジル入りパスタ

庭のバジルとイタリアンパセリを使ってパスタを打ってみた。

カナダ産デュラムセモリナとイタリア産00粉を1対1で卵は使わず、水とオリーブオイルと
ハーブを混ぜて見た。  一晩寝かして2種類の太さのパスタを作った。

CIMG5736.jpgCIMG5737.jpg

まずはバジル風味のスパゲッティを細い麺でシンプルに
CIMG5739.jpg

次はやはり細い麺で冷製パスタにし、トマトソースも冷やして、

CIMG5744.jpg

最後は平べったい麺(4mm)でシーフードを使って、

CIMG5747.jpg

もちろん、一度に食べた訳でないが、 確実にメタボ街道まっしぐら。

tag : パスタ

2009-07-26 19:24 : パスタ : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

バジルの保存

今年はバジル豊作の我が家であった。

苗で買ってきた物も、種から育ったものも、さらにはもらい物も使い切れないほどであった。
今まではせっせと料理に使ったり、塩付けで保存したり、してきたが、今回は乾燥バジル
してみた。  

ネットに入れて数日間、風通しの良いところで乾燥させ、

CIMG5594.jpg

ミキサーで細かくして、
CIMG5732.jpg

使い切れない分は、小さく分けて冷凍保存しました。

部屋中、バジルの香りで一杯です。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

tag : バジル

2009-07-25 11:37 : 家庭菜園 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Kat a Kat Curry

インドの知り合いから送られてきたカレーパウダーの中に、
Kat a Kat Curry というのがあった。
どうも、インドのカレーというよりはパキスタンの料理らしい。

使う材料を良く読んでみると、

ヤギの腎臓、心臓、 脳みそ、 マトンの骨付き肉 などである。
いわゆる日本のホルモン系なんだろうか?

女房に言うとびっくりされそうなので、内緒にして、チキンなどの
皮や手羽などの骨付き肉で作ってみた。

さらにレシピを注意深く読むと、油(ギー又はバター)を大量に使うようである。
写真を見ると油ギトギトなので、カロリーを考えて普通の水で作ってみた。
また、パウダーも強烈そうだったので、規定の3/4の量にしてみた。

CIMG5719.jpg

味は思ったより、マイルドでした。 もちろん、ヤギの内臓は使っていないし、 油も少ないので、
日本人にも食べやすかったのかも知れません。
時々口の中に、変わったスパイスが入ってきて、噛むとなんともインドっぽい香りがします。

本物はもちろん食べたことないけど、 けっこう病み付きになる味でした。
日本でも手に入りやすい、ホルモン系の肉を使っても面白いかもしれません。

これはこれで、酒はガンガン進みました。

ちなみに覚書として、 箱に書いてあった、レシピをメモしておきます。

ヤギの心臓   2
ヤギの腎臓   1
ヤギの脳みそ  2
マトンの骨付き肉 3

タマネギ  中くらいのを細かくみじん切り
トマト    2個をダイスド
ニンニク   クラッシュド 50gくらい
ショウガ   クラッシュド 50gくらい
グリーンチリ
グリーン Corriander  (ハーブらしい?)
レモン ジュース  2個 大匙2-3
ヨーグルト プレーン  50g
ギー又はバター    175g-250g
Kat-Kat スパイス   全部

作り方、

ポットに肉(脳みそ以外)とニンンク、ショウガとカレーパウダーをいれ1/2カップの水で弱火で5-10分。
ギーかバターをいれ、タマネギ、ヨーグルト、脳みそなど、レモン以外を全て入れ、かき回す。
強火で10分くらい。
最後にレモンジュースを好みでかけて食べる。

他の会社でもレシピを紹介していたので、載せておきます。
こちら です。

http://www.contactpakistan.com/pakfood/main/katakat.htm

tag : カレー インド

2009-07-24 14:15 : カレー : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

バナナケーキ

近所のスーパーでバナナが15本くらいで100円で売っていたので喜んで買ってきた。
こういう時は近所となり、皆買ってくるので、さらに10本ほど、我が家に届いた。

バナナを使ったレシピを見ても、スウィーツ系ばかり、 中にはスパイシーバナナカレーなんていうのも
あったが、ちょっとね。

実は小さい時から甘い食べ物が苦手。 果物とアイスクリームは大好きなのだが、
ケーキ類、和菓子系は全くダメ。
52年の生涯で食べたショートケーキは2度だけ、それも30年前。
和菓子系は生涯一度も口に入れたことがない。

自分で作ればもしかしたら食べるかも?
という気持ちで作って見ました。 バナナケーキ

CIMG5729.jpg

レシピは女房に教えてもらって、以下のとおりです。

ホットケーキミックス  200g
砂糖           大匙3
卵             3個
バター          80g
バナナ          2本 (つぶす)
レモン汁         少々 

180度c で35分から40分


眺めているだけで、まだ、食べていません。 どうしようか?
もう飲んでしまったし、今日はむりだけど、
これくらい食べれないと、次の本格的ケーキは作れないし、、、、、

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

tag : ケーキ

2009-07-23 20:33 : その他の料理 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

チキンカレー

アメリカに住むインド人の知り合いが時々カレーパウダーを送って来てくれる。

いつも数種類のクセのない、一般向けの物を送って来てくれる。 
チキン用とか、ポーク用とか、野菜用とか、キーマカレーとか分かれている。
確かにそれぞれ味は全く違うのだが、どれが、チキンにマッチするとかポークに合うとかは
日本人の私にはさっぱり解りません。

レシピは英語で書かれているので、さほど難しくはないのですが、
今回はいつも自分でやっているレシピで圧力釜を使ってチキンカレーを作って見ました。

CIMG5659.jpg

肝心のカレーパウダーの使い方ですが、量はそれぞれのパウダーで違うようです。
通常の日本の一般のカレーパウダーを使うレシピでは、このパウダーは足りなかったようです。
おかげで余り辛くなく女房も満足でした。

インドのカレーのレシピを読むと、油は ギーという物を使うと書いてある。
自分が料理に目覚めた本に”男の料理”という本があるのだが、そこには本物のカレーは
ギーという水牛のバターを使うと書いてある。

そんな訳で自分はどうしてもギーというバターを使いたいのだが、知り合いはどうしても
送って来てくれない。 一度、アメリカのインド関係のスーパーに連れていってもらい、
念願のギーを発見したのだが、 インド人の知り合いはなんだかんだと理由をつけて、
買ってくれなかった。  なんか、余計使いたくなってきた。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ


tag : カレー インド

2009-07-22 11:19 : カレー : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

酒がすすむ

別になにを食べようが、酒は呑むのであるが、

新ショウガの美味しさを知ってから、 酒がますます進むようになってしまった。
今まではどちらかというと、ショウガは苦手で臭い消しくらいにしか思わなかったのですが、

今日はちょっとお洒落に、

CIMG5648.jpg

なんてことないのですが、 余りにも写真がよく取れたので、 

大根の千切りにオクラ、新ショウガの千切りに シソの千切りを乗せただけ、

実は本当はこの上や脇にもっと飾りを乗せたのですが、 イマイチ、写真写りが悪く、
、一応、小さく乗せておきます。

CIMG5655.jpg

タレは、醤油や、ポン酢、 ナンプラーを使ったタレ、 その他、色々楽しみながら食べました。
いや、 飲みました。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ 

tag : 新ショウガ

2009-07-18 19:56 : その他の料理 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

魚と野菜

このところ、沢山の魚をもらって色々と調理したり、野菜料理をしてみたり、
していた。 もちろん肉料理も、、、

冷凍庫には、色々な余り物が冷凍になっている。

ホウボウという魚とエビと野菜を使って次のものを作ってみた。
CIMG5514.jpg


CIMG5627.jpg

野菜類と魚に焦がしパン粉を乗せて、オーブンで焼いてみた。

ベースのソースは、今まで作った、野菜のソースや、肉のエキスをミックスして作ってみた。

tag : ホウボウ 野菜

2009-07-16 22:30 : : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(60歳)。
もう、8年以上無職で、最初はちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、やっと定年の年齢に達してちょっと安心しているところです。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: