FC2ブログ

胡麻ダレを作ってみました

中高年になると、やはり気になるのが、健康。
胡麻は体に良いということで、mogyoさんのブログを参考にして胡麻ダレを作ってみました。

CIMG4406.jpg

胡麻を炒ってから胡麻をすって、
酢や、味噌、自作の醤油ダレ、砂糖とスープなどで調整して見ました。
作っている間に凄い良い香りがして食欲がわいてしまいます。
さて、この胡麻ダレをどのように使うかだけど、

CIMG4404.jpg

やっぱり、ラーメンです。 昨夜のうちに手打ちラーメンを仕込んで置きました。 
中力粉に卵を入れてみました。 
通常、胡麻ダレだと、坦々麺で、挽肉と唐辛子で辛めになるのですが、
材料が揃わなかったので、野菜を使ってできるだけ、健康的に作ってみました。
とは言ってもさすがにスープにはガラを使いました。

CIMG4411.jpg

お味は胡麻の香りがたっぷりのあっさりした手打ちラーメンで満足でした。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ




tag : 男の料理 手打ち ラーメン

2009-05-17 12:45 : その他の料理 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

アーリオ・オーリオ

Aglio e olio sauce (Garlic and oil)

アーリオオーリオは単純でニンニクとオリーブオイルという意味。
ニンニクもオリーブオイルも大好き人間の自分にとって は気にはなっていたが、
自分で作るといつも沢山入れるだけ入れて、焦がしすぎていたりして
 あまりこだわってはいなかった。 

色々調べてみると、結構コダワリを持っている人が多く、これだけで本がでていて、
色んなウンチクが語られているのは面白い。
又、海外のサイトを調べてみても、アーリオオーリオだけで色んなレシピが存在し、
それをディスカッションしていたりして興味深かった。
手間はかからないが、そのコダワリは充分男の料理である。

1.ニンニクの種類にこだわっているサイトは見当たらなかった。
2.ニンニクの使用方法はスライス、ダイス、ミンチ、クラッシュ、マッシュなど、
  さまざまであった。
3.オリーブオイルの温度も低温から高温までさまざま。 
  最初は常温からというのも多かった。
4.色合いは茶色、小金色、黒などさまざま。
5.味わいは芋のように、又は、クランチ(パリパリ) など、これもさまざま
6.あまり焦がさないというのが多いがその手法に水を使うレシピも多かった。

面白かったのは最初に中強火で茶色に焦がしておいてから、火から外して、
ナイフなどでクラッシュして、さらに強火で炒めるというサイト、
又は強火で表面だけ茶色くしておいてから、火から外して摩り下ろすと
いうところもあった。

自分としては後からも食べてみたいので、
ニンニクの使用方法は1つをクラッシュさせておいて、
もうひとつをスライスする。 軽く水を浸して、弱火でゆっくり時間をかけて薄茶色くらいにし、
火から下ろしておく。全ての料理が完成するころに再びソースに戻す。

アーリオオーリオは深夜のパスタと呼ばれているそうで、
イタリア人やアメリカ人なら誰でも知っているそうです。
でも、レストランのメニューにはないそうで、もし、注文する時に 
ペペロンチーノひとつと頼んだら、唐辛子がそのまま出てくるのではとの事でした。

写真は左から、

自作の手打ちパスタ(酒粕入り)を使用。
市販の乾燥パスタに冷蔵庫の余った野菜を使用。 ペコリーノロマノ使用。
リングイネとスナップえんどう、その他野菜を使用。

May16 アーリオ1

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ





以下は自分の覚書です。
http://www.ehow.com/how_4792731_olio-peperoncino-garlic-oil-pasta.html

http://www.cooks.com/rec/view/0,1915,154179-229203,00.html

 イタリアンオリーブオイル 1カップ
 ニンニク8個を皮をむいて 薄くスライス
 水を1カップ
 新鮮なパセリを細かく刻んだもの 小さじ1.5
 オレガノ 小さじ0.5
 黒コショウ 小さじ0.5
 塩、小さじ1

 フライパンの中で、中強火でニンニクを黄金色になるまでソテーする
 水を足し約5分間煮詰める。時々かき回す。

 パセリと調味料を入れふたなしでさらに10分かんことこと煮る。

 パスタを良く混ぜる

 
http://www.parshift.com/ovens/Secrets/secrets051.htm


一度、強火でソテーしてから、ミンチにしてさらに強火でやるサイト

ソテーしてから mash 摩り下ろす サイト
http://www.ehow.com/how_4492183_e-olio-garlic-oil-pasta.html

深夜のパスタとも言われるそうで、イタリアンなら誰でも作れる。
ただ、イタリアのレストランのメニューにはないそうだ。

USバージョンとイタリアンバージョンの違い、スライス、クラッシュ、
イタリアではニンニクをそのままお客に出すのは失礼だそうで、
ソテーしたニンニクはいったん外す? 
http://www.ehow.com/how_4792731_olio-peperoncino-garlic-oil-pasta.html
いかなるチーズも使わない、なぜなら完璧なパスタを汚すから。


tag : 男の料理 手打ちパスタ アーリオ オーリオ

2009-05-16 20:26 : パスタ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

久しぶりにゴルフの話題

May16 ゴルフ

最近ゴルフはやっているものの、調子が悪く、諦めかけていた。

が、ここ2ラウンドばかり、 ちょっとした、ヒラメキがあって、 特にドライバーショットに当たりが
出てきた。 飛距離は全盛期に近づいてきたし、なにより、フェアーウェーキープ率は圧倒的に
改善された。 球筋も元々フッカーだったのが、 軽いハイドローに変身。
昨日のラウンドではアイアン、パットがイマイチであったが、前半を41、後半を43で、今年の
ベストタイが出た。 レギュラーティーからなのでスコア的にはもう少しなのだが、なんとか
クラブの月例競技くらいは参加したい気持ちになってきた。

そのヒラメキなのだが、良く言われている、クラブを立てる である。 
今までも知ってはいたが、やはり自分で実感するとその効果が絶大ということが解った。
自分はもともと余りコックを使わないタイプであったが、最近練習のしすぎで肘や腕に痛みが
でるようになっていた。 テークバックでクラブを立てるようにすると、クラブの重みが全くなくなる
所があり、 そうすると、そのままクラブを下に下ろす感覚があり、結果的に適度なコックで
クラブが気持ちよく振りぬけるのである。 腕にも負担が少ないし、なにより、その飛距離は
ゴルフをやっていて楽しい物がある。

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ



tag : ゴルフ ドライバー クラブを立てる

2009-05-16 09:56 : ゴルフ一般 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

手作り餃子

 前回作った餃子の皮 1個当たり約14gで作成してみたが、
 ちょっとボリュームがありすぎたので、
 今回は10g単位で薄めの物を作りたかった。
 例によって、レシピを調べると、さまざま、強力粉と薄力粉のミックスを薦めるところが多いが、
 今回は手元に中力粉が余っていることもあって、中力粉で作ってみた。

 生地を捏ねるのはパスタやラーメンと同じなのでがお手の物なのだが、
 1枚1枚丸くするのが、結構難しい。

CIMG4327.jpgCIMG4330.jpgCIMG4329.jpgCIMG4331.jpg

CIMG4332.jpg


 良くパン屋の製造工程を盗み見するのだが、1個1個のパン生地を作るのにちゃんと重さを
 量っていたのを 参考に1個1個ちぎりながら、きっちり10gであることを確認しながらやった。
 しかしこれを綺麗に丸く伸ばすのが、難しい。
 楕円になったり、いびつな形にどうしてもなってしまう。
 約30枚を作ってみたが、綺麗な円になったのは5枚程度だった。
 でも、ま、手作り感がでたということで、 これも男の料理と考えれば ○。
 ちなみに大きな生地を作っておいて丸い型で抜く方法もあるらしいが、
 これだと結構余りがでてしまうので
 経済的に良くないように思える。(いくらでもないが)
 
 で、感想だが、今回の目的が薄い皮ということで10gにしたが、
 薄くするとちょっと大きくなりすぎた。
 次回は8g位でも良いかもしれない。 
 食感はコシがあってとても美味しくできたが、良く考えれば餃子にコシはいらないのでは?
 との疑問も生じた。 次回は思い切って薄力粉のみで作ってみよう。
 数は少ないが薄力粉で作っている 中華料理店もあった。

 スーパーで買ってくれば100円位で買えるのに、ちょっとこだわってみたい餃子の皮でした。
 また、ラー油も手作りできるらしいので、やってみたいと思ってます。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

tag : 男の料理 無職 餃子

2009-05-14 21:56 : 餃子 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

スナップえんどうのスープ

採りたてのスナップえんどうが我が家に届いた。

May 12 スナップエンドウ

今日はちょっと健康的に小麦粉もバターも使わないホワイトソースを試して見た。
まず、スナップえんどうとタマネギを軽く炒めたら、ごはんと水をいれ、ひたひたにして、煮る。
分量は適当。 煮えたらミキサーにかける。 再びなべにいれ、牛乳とブイヨン、塩コショウで
味を調えて終わり。 出来上がったスープに庭からイタリアンパセリを採ってきて添えると、

May12 スープ

う~ん、美味い、 これがホワイトソースと呼ぶのかは疑問だけど、 味でも劣らず、健康的だと思うと何度も作りたくなる一品です。 自分で育てたイタリアンパセリも風味たっぷりでした。

今日はさらに以下の料理を作りましたが、これも、男の料理として色々とうんちくがあります。

May12 1May12 2

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

tag : 男の料理 無職 イタリアンパセリ スナップえんどう

2009-05-13 19:28 : その他の料理 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

ジェノベーゼ パスタ

苗で買って置いた庭のバジルは満開、 
しかもダメだと思っていた種をまいたのも芽を出しだした。
我が家はバジル天国になりそうな雰囲気です。

GW中、何度かジェノベーゼソースを作って見ました。 課題は綺麗な緑色のソース。

調べると、 バジルは濡れていてはダメらしいし あまり、刻みすぎてもダメらしい。
洗った後に軽く火であぶり、乾かすレシピがあったから、やってみたけど、
すぐに焦げてしまって、せっかくのバジルを台無しにしてしまった。 
色々試行錯誤したけど、これだというのはなかった。
やっぱり、新鮮なバジルを普通に使うのが良い見たいです。

又、使うナッツも、松の実がいいとか、胡桃だとか、アーモンドだとか、ピーナッツでもいいとか、
コクを出すにはバターを入れろとかパルメザンは魚介系には使うなとか?
色々あってそれぞれやってみたけど、どれも正しいかな?

May12 ジェノベーゼ1
May12 ジェノベーゼ2

上は胡桃を使ってパルメザンレッジーノ入りの手打ちパスタです。 
下は中心に穴の開いているスパゲッティでバジルを軽く感想させたら、
色が変わってしまったものです。 余計なことはしない方がいいですね。

どちらもそれなりには美味しかったです。



tag : 男の料理 ジェノベーゼ 手打ちパスタ 無職

2009-05-12 21:21 : パスタ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

イサキのアクアパッツァ(Acqua Pazza)

アクアパッツァ(Acqua Pazza) を英語ではCrazy Waterと訳し 
日本語では風変わりな(狂った)水という意味らしい。
ブイヨンなどを使わず、シンプルに水やワインで煮込むのが基本であるとのこと。

もともとはナポリの漁民が取れた獲物を海水とトマトとオリーブオイルで作っていたのが、
オリジナルらしいが、その一方、トスカーナ地方の農民が自分たちが作ったワインの余りカスと
水で作ったものもオリジナルとされている。

レシピを調べたが、そんなに、複雑ではなく、いかにも、昔ながらの漁師の手法という感じ。
日本のレシピサイトでは頭つきでアサリやイカなどの魚介類と料理する物が多かったが、
包丁の練習もしてみたかったし、食べ安さを考えて、イサキを切り身にして使ってみた。
後で解ったのは、イサキは非常に柔らかい身をもつ魚であるので、切り身にしてから煮込んだのでは
形が崩れやすく難しかった。 今度は頭付でやってみよう。

CIMG4225.jpg

使った材料は

 イサキの切り身
 アサリ
 ニンニク
 白ワイン
 水
 ケイパー
 イタリアンパセリ
 ホールトマト
 タイム、塩、コショウ。
 オリーブオイル
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

tag : 男の料理 無職 アクアパッツァ

2009-05-11 20:52 : : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

サルティンボッカ

イタリア語では Saltimbocca と言うらしいがこれを英語に直訳すると  jumps in the mouth で 口の中に飛び込むというらしい。 最初は口の中に飛び込んでくるほど美味しいのかと思ったが、実はその調理方法が簡単という意味もあるらしい。

その例えとして、 べスパのように簡単な操縦方法で、フェラーリのようなファンシーなサウンドを奏でるような豪華な料理というたとえが、妙に興味を沸かせた。
女房に言ったらべスパと言う物が解らなかったので、スーパーカブのような物と言ったら解ってくれたのはちょっと面白かった。

で、どのくらい、簡単で美味しいのかと作って見ました。
セージは庭に咲いた物を使って見ました。

CIMG4170.jpg
以下は自分の覚書です。
Saltimbocca (Italian: jumps in the mouth)

 骨なし、皮なし、チキンのカツレツ 4オンスを4つ
 塩、黒コショウ
 8つの薄いプロシュキュート
 8つのセージの葉、又は もっと装飾
 0.75カップの小麦粉
 小さじ2杯のバターを分けておく
 オリーブオイルを小さじ1.5はい
 ドライ、白ワインを0.5カップ
 鶏がらスープを0.5カップ
 レモンをクサビ状にカット

 それぞれのカツレツに塩コショウを振り掛ける。 トップにプロスキュートのスライスと
 セージの葉を巻く。 2枚のラップかクッキングペーパではさむ。
 木槌やローリングピンで1/4インチの厚さにする
 プロスキュートもセージの葉を木槌でカツレツに叩き込む
 
 小麦粉をまぶし、両サイドにコーティングする。 バターとオリーブオイルをパンで
 暖める。 バターが溶け始めたらプロスキュートを下にして両サイドを約3-4分焼く。
 茶色に色つき始めたらプラッターに移し,ふたをして冷めないようにする。

 ワインをホットパンにたし、かき混ぜる。 下の方がすこし色つくまで、
 ワインが半分位になったら、鶏がらスープをいれ、さらに煮詰める。
 火からはなし、のこりのバターを入れかき混ぜる。塩コショウおで味付ける。
 とっておいたチキンをいれて、すぐにレモンウェッジを入れる。

 再び入れて

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



tag : 男の料理 無職

2009-05-10 20:58 : 肉料理 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

イカ墨パスタ

新鮮なイカが手に入ったので前からやってみたかったイカ墨パスタに挑戦。

だいたい、イカのどこに墨があるのかも知らない状態。  おそるおそる足を引き出すと何やら小さい黒い固まりが、 え? たったのこれだけ? ま、いいかと取り出すと、 失敗、つぶれてしまった。
残りのイカからなんとか取り出したが、たったのこれだけ? 

レシピを調べるとソースに使うのばかりがあって、あまりパスタに使うのは見当たらない。
でも、やりたかったのでパスタをこねて、細めに切って、シンプルに オリーブオイルとニンニクで食べました。

イカ墨CIMG4215.jpgCIMG4232.jpg

自慢じゃないけど、自作の手打ちパスタ、どんどんモチモチと美味しくなってきた。
息子が帰省していたので、食べてもらったが、 よろこんで貰えました。

残りのイカは女房がイカ飯にしました。 こちらもグーでした。

CIMG4213.jpg

もちろん、合わせた○○○も自作、 本来濁っているのだが、 なんどか漉した後、上の透明なところをしばらく寝かせてみた。 だんだん黄金色になってきて、 酸味も薄れてきて、マイルドになってきた。これなら、日本料理にもパスタにもグウーです。

CIMG4180.jpg


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

tag : 男の料理 無職 手打ちパスタ

2009-05-09 17:27 : パスタ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

GWが終わって

超忙しかったGWが終わってのんびり一息。

あと少しで毎日がGWのようになるのだが、遊び上手な(?)自分として、時間がもっともっと欲しく
かえって 待ち遠しいくらいである。

GW中は天気もよくも悪くも、ゴルフ三昧。 でもゴルフの調子はイマイチなので話題にはしない。

夕方から夜にかけては料理、料理、 なぜなら、料理ネタが盛りだくさん。
ブログ更新できないほどの忙しさ。

2回目のパンチェッタもそろそろ完成、 数十回ほど経験した、ドブ○○は透明な小金色に熟成、
庭の香草類は満開(?) 、 みんな早く使ってくれと叫んでいるよう。

May 8 パンチェッタ2May 8 どぶろくMay 8 香草

この他にも円高還元セールで食材を多量に準備、 なにをしようか考えていたら、 なんと、
釣りをやっている友人から大量のイサキとイカが届いた。

CIMG4201.jpg

GW中の予定を以下のように立てた。

1. 包丁の使い方を練習して美味しい刺身をつくる。
2. 出来上がった酒粕を利用して、手打ちパスタやソースに利用してみる。
3. 自家製バジルからのジェノベーゼソース。
4. パンチェッタを使ったソース類に挑戦。
5. イカ墨を使った、手打ちパスタ。
6. イサキの料理。
7. 酒を美味しく呑む。

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

tag : 男の料理 手打ちパスタ パンチェッタ 

2009-05-09 07:26 : 自己紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(63歳)。
52歳で早期退職して約11年が過ぎました。のんびりと生活していましたが、今は 年老いた両親の介護と孫の世話に終われる日常となりました。

株価&為替ボード

月別アーカイブ

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: