老害

娘の勤める職場では老害が問題となっているらしい。 老害? 初めて聞く言葉ではあったが容易に理解は出来た。 が念のためネットで調べて見たら色々な事例や解説がされていて納得出来る。社会問題になっているのですね。 そう言えば自分の回りでも老害が多いことに気付きます。

でも良く考えて見たら自分自身が老害を起こす年齢なんです。 老害を起こしている人は自分が老害を起こしている自覚がないそうです。 自分の行動や言動を考えて見ると絶対に老害は与えていないと言う自信はないなあ。 仕事辞めたばかりの人って若い人の行動や言動に対して説教したくなるそうです。 私の場合これ少し当たってます。 反省しなくっちゃ。 年を取ってきたら自分の発している言動や行動が相手に対して迷惑ではないのか時々考える必要があります。
まさかブログで文句言ってのは老害にはならないですよね。 迷惑な人は読まなきゃ良いだけなんだから。
スポンサーサイト
2015-02-18 05:00 : マナー関係 :

ゴルフの喫煙マナー

ジャンボ尾崎が、 余りTVに写らなくなってから、 あまりプロゴルファーの喫煙シーンが写らなくなったあと思っていたら、ちゃんと選手会でティーグランドでは吸わないと言うルールを決めていたのですね。 
ところが、やっぱり守れない人は守れないですね。 今年の賞金王はどうどうと吸っているようです。
一番目立つ人がルールを破ればすぐに記事になります。

Golf マナー

最近では、煙たがられていた人達が、 引退して、 禁煙のゴルフ場が増えてきているのに、 若い世代のリーダーとなる人がルールを破っちゃいけないですよね。 これじゃゴルフ人気は下がる一方。。

ゴルフはマナーのスポーツだったはずなんだけどなあ。 

でも、考えて見れば、 法律で禁じられている訳ではないので、 逆に、どんどん吸って、 アピールするのも良いかも知れない。 どんなにマスコミに叩かれても実力さえあれば、 世間もそのうちに黙る。  どうせ吸って叩かれるなら、 海外のトーナメントで 堂々と吸って 世界のマスコミを敵にして、 そして勝って欲しいものである。 
かつてのヘビースモーカージャンボ尾崎は、 日本では堂々とタバコを吸って、 マスコミを煙に巻いていたが、 海外の試合では、 ガム 噛んで小さくなっていて 情けなかったなあ。 
2014-12-25 05:00 : マナー関係 :

了解 の使い方

長年ビジネスの世界にいて、 知らなかった言葉の使い方に ”了解” という言葉がある。

私の働いていた会社では、 日常的に誰にでも ”了解” という言葉は使っていました。  しかし、これも ”ご苦労様” と同様に上から下の物に対して言う言葉らしいというのを知りました。
  
この ”了解”という言葉の意味を マナー教室で学んだ後、 TVなどの会話を注意深く、 聞いていると、 確かに 使っていない人が多いです。  ”ご苦労様” が敬語でないことは一般に知られていないようだが、 ”了解” が敬語では無いことは割と知られているようです。 
という事は私にはもう部下はいないので、 もう一生使わなくて良い言葉という事になります。
「承知致しました」「かしこまりました」「わかりました」などを使っていきたいです。
永く生きているようですが、 世の中の常識全然知らないで生きてますね。 
2014-11-05 05:00 : マナー関係 :

お酌のマナー

仕事中は欧米の人達と幾度となくお酒を飲みましたが、一度だけ、本当に相手を怒らせてしまった失敗があります。

日本ではお酒を飲む時に互いにお酌をする事が一般的であるが、欧米ではお互いがお酌する事はないそうです。 と、 そんな事は百も承知ですが、 ここは日本です。  日本では日本の習慣に従えと どうぞ、どうぞと、 お酒を注ぎます。  相手が もう結構です といっても、 まあまあ どうぞ と さらに注ぎます。  これは日本の習慣で 常識だと説明すれば 普通はなんの問題もありません。

相手を怒らせたのはアメリカ人が奥さんを連れてきた時の事です。  そのアメリカ人とは付き合いが長く、 日本でもアメリカでも何度も酒を飲んでいる友達だったので、 余計に大サービスをしてしまったようです。 
その時は生ビールを飲んでいたのですが、 そろそろお替りしますか? と聞いたら、 今日はこれで止めとくと言うのです。 いつもは何杯もビールをお替りするのに、 はは~ん、 今日は奥さんに遠慮してるのか?  と思い、 日本の まあまあ どうぞ のおもてなしのサービスで もう一杯 生ビールを注文しちゃったのです。

これに奥様が激怒してしまって、 大声でヒステリックに私を責めるのです。  アメリカ人の旦那が まあまあ ここは日本でこれが、日本の習慣なんだと言っても聞いてくれません。  結局、 怒って帰っちゃいました。 後で、 旦那を通して謝罪しました。   日本とのマナーの違いというより、 奥様の存在の大きさというのは日本の百倍位ありそうです。
2014-10-17 05:00 : マナー関係 :

お疲れ様 と ご苦労様

私の勤めていた会社は外資系だったので、自由な雰囲気であまりマナーはうるさい方ではありませんでした。  しかしそれでは世の中について行けないと、ビジネスマナー的なセミナーを何度か受けさせられました。  その中で、 お疲れ様 と ご苦労様の使い方は、 それまで、 私が使っていた意味と全く意味が違う事に気づきました。

私はお疲れ様という言葉は仕事が終わって帰宅する時の挨拶に同僚や部下などに対して使っていたと思います。  上司や業者の方には、 なんか敬語ではないと思い使っていなかったと思います。 一方、 ご苦労様 は労をねぎらう言葉として上司や業者 そして 部下の人達にも使っていたと思います。  又、 一緒にセミナーを受けた私の同僚は 配達の人に対して、 労をねぎらう為に ご苦労さま と言ったら怒られたという事例を出してセミナーの講師の人に相談していました。
セミナーでの解答は 以下の様でした。

  「ご苦労様」は目上から目下 
  「お疲れ様」は目下から目上
  「お疲れ様」としておけば無難

それ以来、 気を付けてはいるのですが、 通常の生活をしていて、気がつく事が多いのですが、世間一般ではこの様に使っていないですよね。 TVのドラマを見ていても、 目上の人に対しても 平気で ご苦労様 と言っているし。

気になってちょっと調べてみると、 余計にややこしくなります。  上司の送別会などで、部下が上司をねぎらう言葉として ご苦労様 は良いけど、 お疲れ様は 失礼にあたると言う意見もあります。  どちらも駄目という人もいます。

時代によって、 言葉は変わっていくのは仕方ないと思うのですが、 このように普段よく使う労をねぎらう言葉が とらえる人によって全く変わってしまうのは非常に使いづらいですね。

色々調べて、 一番納得のいく説明は これ なのですが、 これだと、 私がマナーセミナーを受ける前に 感じてた意味と同じです。

最近は ご苦労様 を使うようにしてますが、 相手が怒りださないか、 ビクビクしてます。
2014-10-14 05:00 : マナー関係 :

乾杯の挨拶について

先日TVで典子さんと国麿さんの結婚を祝う晩餐会の模様がニュースで流れました。 その中で皇太子さまが乾杯の挨拶をして2人を祝福されたとの事で注意深く見ていました。  TVで写っているのを見る限り、 ”乾杯” という発声をしていないです。
実は私、 かなり前に初めて結婚式の乾杯の挨拶を頼まれた時、 当時はもちろんインターネットはなかったので、 冠婚葬祭の挨拶の本を買って調べました。 その本には 正式な乾杯の挨拶は ”乾杯~” とは発声してはいけないと書いてあったのです。 これを読んでしまっては、 大事な結婚式では怖くて使えません。  仕方なく その本に従って ”おめでとうございます” と言って乾杯の発声をしました。   やっぱりというか案の定というか、リズムが合わず、 なんとなく元気のない乾杯となってしまいました。  それ以来、 乾杯の挨拶を頼まれた時は大きな声で ”乾杯~” というようにしてます。
その後、 人の乾杯の挨拶があるたびに注意深く聞くようになりましたが、 ほぼ100%の人は ”乾杯” と発声しますので、その冠婚葬祭の本が間違っていたと思っていましたが、 皇太子さまの乾杯の挨拶を見て、 やはり正式なのかな? とか思ってます。 
でも、 一般の人がそれを認識していなければ、 意味の無いことでしょう。

ま、 大した事ではないのですが、 一度失敗すると、 結構トラウマになってしまっているようです。
2014-10-10 05:00 : マナー関係 :
ホーム

プロフィール

ゴルッテリア

Author:ゴルッテリア
お酒大好きな中年おやじです(60歳)。
もう、8年以上無職で、最初はちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、やっと定年の年齢に達してちょっと安心しているところです。

株価&為替ボード

サイト内を検索 

<パスタ、ラーメン、ゴルフ>

Counter

現在

現在の閲覧者数: